センター利用案内

利用案内

入院(生活棟 45床)

当センターは、医療型障害児入所施設として、0才から18才までのお子さんを対象として、長期入院、主にリハビリテーションを目的とした短期入院を行っております。

利用手続き・費用

なお、入院は、児童福祉法による契約に基づく入院となります。市町村の福祉の窓口または所轄の児童相談所にご相談下さい。入院費用は所得に応じて定められた負担金(施設給付負担金、医療費負担金)を納入していただくことになります。

親子入院(親子棟 15床)

親子入院は、お子さんと保護者が一緒に入院し、診察、リハビリテーション、各種検査、保育、生活支援、講義などを通じて、家庭に戻られての生活や居住する地域での療育に生かしていただくためのサポートを行っています。

親子入院の対象と期間

・肢体不自由児(肢体不自由や、運動発達が心配なお子さん)、入院期間 2~4週間
・ことばが心配なお子さん(短期入院) 入院期間 4泊5日
・ダウン症児(短期入院) 入院期間 4泊5日
・パラスポーツ(スポーツ体験を目的とした短期入院) 入院期間 3泊4日

利用手続き・費用

希望される場合は、外来(小児科又は整形外科)を受診していただき、親子入院の利用についてご相談ください。
なお、入院費用は、所得に応じた負担金のほか、付き添われる保護者の方の食費(実費)を納入していただきます。

歯科入院

一般歯科では、治療が難しい自閉スペクトラム症などの障がいをもつお子さんに対して、2泊3日程度の入院(親子棟利用)による歯科治療を行っています。

利用手続き・費用

希望される場合は、歯科外来を受診し、歯科医師と相談してください。
なお、入院費用は、お子様の医療費(健康保険適応)と食事療養費、付き添われる保護者の方の食費(実費)となります。

外来

外来では、小児科診察、整形外科診察、装具外来、椅子外来、摂食外来、各種医療精査、発達検査、リハビリテーション(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)などを行っています。原則として予約制をとっておりますので、電話予約のうえ受診をしてください。

ご予約について

〇電話でのご予約 0166-51-2126
音声案内に従って「1」を選択していただくと外来受付に直接つながります。
〇受付時間 8時45分~17時30分
〇外来診療の予約受付につきましては、4か月先までの予約が可能です。
〈例 :令和4年(2022年)2月1日に、令和4年(2022年)6月1日までの予約が可能〉

なお、装具外来と椅子外来は事前の診察が必要です。
医療費は、各種健康保険等が適用になります。また、各種医療費助成の適用もありますので受給者証をお持ちください。

診察日について
整形外科
小児科
歯科午後午後午後
摂食外来第3
装具外来午後
椅子外来午後

※不定期で水曜日(整形外科)・木曜日(歯科)は手術日になります。

摂食外来

食べることの心配について、総合的にサポートしていきます。当センター小児科受診後、スタートとなります。

心理について

○お子さんの発達を知るための発達検査と知能検査について

センターでは、お子さんの成長の確認、発達の特徴を把握、よりよい支援のあり方やヒントを探ることを目的として、発達検査、知能検査を実施することがあります。お子さんの発達の多角的に捉え、主治医が診断する上での参考情報とするものです。
これらの検査は、主治医の指示のもと専用室にて心理検査担当(公認心理師、判定員等)が実施しています。

地域支援

当センターでは、道北・道東地域に居住する障がい児が地域間格差のない療育支援を受けられることを実現するため、道北・道東に医療スタッフを派遣する地域支援を行っております。

地域療育支援(旧 巡回療育相談)

昭和45年(1970年)より、市町村等からの多様なニーズ要請(診察・評価、療育プログラムの提供、関係機関への紹介、乳幼児健診後の精査・フォローなど)に応じて、医療スタッフを派遣しています。市町村等の依頼を受け当センターが独自で行っている支援です。

障がい児支援体制整備事業道立施設専門支援事業

平成元年(1989年)より、地域の療育を担っている発達支援センターの職員養成を目的として北海道が実施しているものです。

特別通院・通学制度

小・中・高の肢体不自由児で、保護者の送迎によって通学できることが条件になります。
医療費の負担は、外来診療と同じですが、給食費や行事参加費などは保護者の負担になります。
旭川養護学校又は、当センターの地域支援係にご相談ください。

短期入所事業(ショートステイ)

利用料は、お子さんの障がいの程度によって違ってきます。
詳しくは市町村の福祉の窓口にご相談ください。

カテゴリー

旭川子ども総合療育センターのカテゴリ

page top