硫黄泉利用施設に対する全道一斉点検の結果

1 一斉点検の概要

(1)実施期間
   平成29年10月10日(火)~12月1日(金)
(2)対象施設
   道内の硫黄泉利用施設(全94施設)のうち、休止中を除く76施設
(3)実施方法
   浴室内の硫化水素濃度を測定
(4)点検結果
    2施設以外の74施設で基準に適合

2 基準に適合しなかった2施設の概要

施設の名称
(所在地)
浴槽の湯面上方10cm
(国の基準値20ppm以下)
浴室の床面上方70cm
(国の基準値10ppm以下)
野中温泉ユース
(足寄町)
58.5~64.0
(6.0~11.5)
51.5~55.0
(4.0~4.5)
野中温泉別館
(足寄町)
23.0~44.5
(2.0~18.5)
38.5~51.0
(8.5~10.0)

※ 下段の括弧内の数値は、ばっ気装置稼働後の硫化水素濃度でいずれも基準値以下。
※ ばっ気とは、温泉を空気と触れさせることにより、硫化水素濃度を低減させる方法。

3 上記2施設が行っている安全対策

・浴室内硫化水素濃度の定期的な測定
・換気の励行
・利用者に対する注意喚起
・営業者による見回り等による利用者の安全確保
・2施設は、硫化水素濃度を低減させるため、試験装置によるばっ気を実施中(ばっ気後の硫化水素濃度は基準値以下)
・今後、足寄町の支援により、常時稼働できるばっ気装置を平成30年度に導入する予定

※ 通常の温泉の利用方法では、安全性に問題はありません。
  施設の指示に従って、温泉をご利用ください。

カテゴリー

page top