令和2年度北海道温泉保護対策要綱の一部改正について

温泉の保護地域等に倶知安町ひらふ地域を指定しました

 道は、道内の温泉の恒久的保護と適正な利用の推進を図るため、北海道温泉保護対策要綱を制定しています。当要綱では、温泉資源の衰退現象が認められる地域を温泉保護地域等に指定し、温泉資源を保護するために必要な措置を定めています。
 近年、倶知安町ひらふ地域では温泉開発が急速に進展しており、地域内の源泉において水位の低下が確認されたことなどから、この度、「北海道温泉保護対策要綱」の改正を行い、新たに「倶知安町ひらふ地域」を温泉の保護地域及び準保護地域に指定しました。

地域名

「倶知安町ひらふ地域」 

☆ ひらふ地域 規制範囲図 (PDF 1.97MB)

措置内容

 ・ 北海道温泉保護対策要綱に基づく保護地域及び準保護地域に指定。
 ・ 準保護地域における新規掘削地点は、既存源泉から250メートル以上の距離を確保すること。
 ・ 温泉の採取量を1源泉当たり毎分100リットル以下に制限すること。

施行日

令和3年(2021年)9月15日

参考

カテゴリー

page top