オミクロン株対応ワクチン接種について

オミクロン株バナーデータ修正(案)B1006.jpg

接種が受けられる時期

接種を行う期間は、令和4年9月20日から令和5年3月31日までの予定です。

主な接種を受けられる場所

接種の対象

オミクロン株対応ワクチンの対象は、初回接種を完了した12歳以上の者であって、最終の接種から3か月以上経過した方です。

※ワクチン別の対象年齢は、ファイザー社製ワクチンは12歳以上、モデルナ社製ワクチンは18歳以上です。

※お住まいの市町村によって、接種券の発行方法が異なりますので、ご留意ください。

 具体的な方法については、お住まいの自治体からのお知らせをよくご確認ください。

説明書

オミクロン株対応ワクチンに関する啓発資料について

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、こちらをご参照ください。

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

お問い合わせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-231-4111

page top