新型コロナワクチン接種証明書について

ワクチン接種証明書について

各市町村において、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。

※令和3年12月20日から、「海外へ渡航や日本への入国、帰国時の防疫措置の緩和等の際に必要となる場合に限って申請」という要件が撤廃されました。

接種証明書(電子版)の電子交付が始まりました

令和3年12月20日から専用アプリの提供が開始され、二次元コード付き接種証明書(電子版)の発行が可能となりました。
※発行開始時期は、発行する市町村によって異なります。

アプリ(新型コロナワクチン接種証明書アプリ)については、こちら(デジタル庁ホームページ)をご覧ください。

接種証明書の申請について

対象

接種証明書は、予防接種法に基づく新型コロナワクチンの接種(医療従事者の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けた方を対象に、発行されます。

したがって、国外等で接種を受けた方(予防接種法に基づかない接種を受けた方)は、対象になりません。

外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業(外務省ホームページ)で接種を受けた方は、外務省にお問合せください。

※新型コロナウイルス感染症予防接種の治験に参加された方は、こちら(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

※在日米軍によるワクチン接種を受けた在日米軍従業員の方は、こちら(防衛省ホームページ)をご覧ください。

申請先

接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)
※接種後に転居された場合など、1回目~3回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

申請に必要な書類

<接種証明書(紙)の発行を申請する場合>

  • 申請書(各市町村の定める様式)
  • 接種券のうち「予診のみ」部分
  • 本人確認書類(少なくとも漢字氏名及び生年月日が記載されたもの) ※日本国内用を希望する場合
  • パスポート ※海外用を希望する場合

※このほか、場合によって必要となる書類があります。
 詳細は各市町村のホームページ等をご確認ください。

<接種証明書(電子版)の発行を申請する場合>(アプリ使用)

  • マイナンバーカード
  • 券面事項入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)
  • パスポート ※海外用を希望する場合

注意事項

  • ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • 接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • 令和3年10月1日以降、日本への入国後・帰国後の待期期間に関する新たな措置を受ける際にも、接種証明書の活用が可能となっています。

※接種証明書を入国の際に提示することにより防疫措置が免除又は緩和される国・地域については、外務省海外安全ホームページをご確認ください。

※日本への入国後・帰国後の待期期間に関する新たな措置を受ける際の活用についての詳細は、厚生労働省ホームページをご確認ください。

参考

厚生労働省ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)
 電話番号:0120-761770
 ※接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問についての窓口

外務省ホームページ「海外安全ホームページ」
 https://www.anzen.mofa.go.jp/

道内各市町村における独自の接種履歴提示アプリの提供状況

※国が公式に提供するアプリとは異なるため、対象地域外での使用や海外渡航用の利用はできません。

○「さっぽろPASS-CODE」(札幌市)
  https://www.city.sapporo.jp/kikaku/ictplan/sapporo-pass-code.html
 ※さっぽろ連携中枢都市圏(札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、
 石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町)の住民及び同圏域内への来訪者の方が対象。

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

お問い合わせ

北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目

電話:
011-231-4111

page top