高潮浸水想定区域図などの公表

 北海道では、水防法第14条の3に基づき、高潮浸水想定区域を指定しています。

(水防法:洪水、雨水出水、津波又は高潮に際し、水災を警戒し、防御し、及びこれによる被害を軽減し、もって公共の安全を保持することを目的とした法律)

 

○高潮浸水想定区域とは

 高潮時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水災による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の高潮であって、道内に存する海岸のうち高潮による氾濫が発生した場合に浸水が想定される区域です。

 また、高潮浸水想定区域がある市町村では、避難所や避難路等を記載したハザードマップ等を作成・配布することとなっています。

 

○高潮浸水想定区域図とは

 指定した区域が想定し得る最大規模の高潮により浸水した場合に想定される、『指定の区域』、『浸水した場合に想定される水深』、『浸水継続時間』を示した図面です。

 

○高潮浸水想定区域図(全体図)

 

○高潮浸水想定区域図(指定の区域及び浸水した場合に想定される水深)

 

○高潮浸水想定区域図(浸水継続時間)

 

○高潮浸水想定区域についての問合せ先

  • 北海道 建設部 土木局 河川砂防課 災害復旧係
  • 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
  • TEL:011-231-4111 (内線29-425)
  • FAX:011-232-4134

 

カテゴリー

建設政策局維持管理防災課のカテゴリ

page top