河川一問一答

河川一問一答

Q. 川の水はなぜなくならないの

A.雨や雪がふると、水は流れて川に集まり、海に流れます。海では太陽のエネルギーを受けて、たえず水が蒸発して います。途中、地面にたまった水や川からもその一部が蒸発しています。蒸発した水蒸気は空にのぼりやがて冷やされて雲となり、ふたたび雨や雪となって地上にふってきます。これを「水の循環」といいます。

 また、地中深くしみ込んだ水は地下水となって、川や海にゆっくりと流れていきます。流れ出すまでには1年から3年もかかるといわれています。だから1週間や2週間雨がふらなくても、ちゃんと1年から3年前の雨が地下水となって川に流れ出してくるのです。

Q.川には右と左があるの

A.下流に向かって右側を右岸、左側を左岸と決めています。ですから、上流に向かって右手側の岸は、右手にあっても左岸となるのです。こう決めておけば、話す人が上流を見ていても、おたがいに混乱することなく話が通じあえます。

Q.堤防の内と外の区別は

A.堤防の内と外と言われると、ふつうに考えると堤防ではさまれた川が「内側」で、わたしたちの家のある方が「外側」のような気がしますが、これが逆なのです。人間を中心に考えて、堤防で守られている自分たちの側を「堤内地」とよび、向こう側、すなわち川の方が「堤外地」なのです。

河川管理のページに戻る



カテゴリー

建設政策局維持管理防災課のカテゴリ

page top