総合的な文化・スポーツ行政の推進体制の整備に関する方針

総合的な文化・スポーツ行政の推進体制の整備に関する方針

総合的な文化・スポーツ行政の推進体制の整備に関する方針

道では、本道の文化・スポーツを取り巻く環境の変化に対応し、文化・スポーツのより一層の振興を図っていくため、知事と教育委員会が分掌する文化・スポーツ行政の推進方向について、検討を行ってきました。

 検討の結果、文化・スポーツ事務を原則として知事が管理・執行することを柱とする方針(素案)を取りまとめ、道議会への報告、北海道文化審議会・北海道スポーツ振興審議会への諮問、市町村・市町村教育委員会・関係者への説明、意見聴取を行った後、方針(案)とし、道民意見の募集を経て、方針を決定しました。

1.経過

経過
平成19年6月「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」改正
 教育委員会の所管事務のうち、文化(文化財保護を除く。)、スポーツ(学校における体育を除く。)に関する事務は、地方公共団体の判断により、知事が担当できることとなりました。
平成22年9月方針(素案)取りまとめ
平成22年9月北海道文化審議会・北海道スポーツ振興審議会諮問
平成23年5月北海道文化審議会・北海道スポーツ振興審議会答申
平成23年8月方針(案)取りまとめ
平成23年10月方針決定

2.総合的な文化・スポーツ行政への移行時期

平成24年4月

3.パブリックコメントの実施状況

4.決定した方針

総合的な文化スポーツ行政の推進体制の整備に関する方針

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top