ヒグマ出没への対応

ヒグマ出没への対応

人間活動に実害を及ぼすヒグマへの対応

ヒグマによる人とのあつれきは、ゴミや農作物などに執着するようになったヒグマ、いわゆる「問題個体」によるものがほとんどです。
ヒグマの個体数を減らしても問題個体を排除しない限りあつれきは軽減しません。
ヒグマの行動や出没した場所を見て、有害性を判断して対応することが重要です。

有害性判断と段階に応じた対応

ヒグマが人の生活圏に出没した場合、判断フローに基づき有害性を判断し、出没場所と有害性に応じた対応を行っています。

カテゴリー

page top