地域資源活用基盤整備支援事業

道では、地域が有するエネルギー資源の最大限活用を図るため、地域や事業者が行う新エネルギーの導入を目的とした電力系統に接続するための送電線の整備に対し、北海道新エネルギー導入加速化基金を活用して、予算の範囲内で補助します。

【はじめに】

本事業は、固定価格買取制度(FIT制度)を活用して売電を行う取組に対し、初期費用を支援するものです。

売電収益から、補助金を返還していただく「収益納付」を条件としますので、ご留意ください。

 

【追加(第3次)公募期間】令和4年度(2022年)7月25日(月)から9月16日(金)まで

補助対象者

次のいずれかに該当する方を対象とします。
(1)道内に主たる事務所又は事業所を有する法人
(2)市町村及び法人又は任意団体、その他知事が適当と認めた者を構成員とする共同体(コンソーシアム)

補助対象事業

固定価格買取制度(FIT制度)を活用して売電する新エネルギー導入の取組であり、電力系統に接続するための送電線の整備工事(送電線整備に付随する関連の設備工事を含む。)。

<対象事業例>
・畜産系バイオマスや地熱などを活用して発電し、それを売電するために必要な電線整備工事
・電線と一体となった変電設備

補助率及び上限額

【補助率】
1/2以内

【上限額】
1,000万円
※詳細は公募案内をご覧ください。

令和4年度(2022年度)の追加公募について

事業概要

公募案内

交付要綱

事業計画書

※公募案内、交付要綱等をご覧いただいた上で、応募の際はこちらをご提出ください。

補助金交付申請・実績報告などの様式

交付申請の様式

※事業計画の認定後にご提出いただきます。

実績報告の様式

※補助事業の終了後にご提出いただきます。

7 処分制限財産の台帳の写し(※該当がある場合のみ提出。)

その他、当該年度の補助事業完了後の提出様式

これまでの認定事業計画

カテゴリー

環境・エネルギー局環境・エネルギー課のカテゴリ

page top