北海道データセンターセミナー

北海道データセンターセミナー                               「北海道での再エネを活用した次世代データセンターの実現と将来展望」 

 昨今、国内外において、グリーンとデジタルを一体的に推進する動きが加速する中、国によるデータセンターの地方への拠点分散の動きが活発化しています。

 北海道は、省エネ・ゼロカーボンに資する冷涼な気候や豊富な再生可能エネルギーがあることに加え、首都圏との同時被災リスクの低さ、東アジアにおける欧米との地理的近接性といった面において、データセンターに最適なフィールドです。

 本セミナーでは、北海道での再エネを活用したデータセンター事業の展開やデータセンターの集積地に向けた今後の可能性などについて、ご紹介いたします。

 地方へのデータセンターの事業展開や投資を検討している企業の皆様や、データセンターの活用により新たなビジネスチャンスを模索しておられる企業の皆様のご参加をお待ちしております。

 ●本セミナーのチラシは こちら

 ●申込専用ページ:https://datac-hkd.jp/

プログラム

■開会挨拶及び北海道プレゼンテーション

 北海道知事 鈴木 直道

■基調講演 「デジタル社会のコアインフラストラクチャー ~北海道への期待~ 」

 慶應義塾大学 教授・北海道顧問 

 村井 純 様

■北海道自治体プレゼンテーション

 1 札幌市 「札幌圏デジタルインフラ構想超成長戦略について」

    札幌市経済観光局産業振興部IT・イノベーション課

    課長 吉田 泰斗 様

 2 旭川市 「リスク分散・BCP対策を旭川から」

    旭川地域企業誘致 東京サテライトオフィス

    所長 水上 明子 様

 3 苫小牧市 「苫小牧市におけるデータセンター誘致について」

    苫小牧市産業経済部企業政策室港湾・企業振興課

    課長 力山 義雄 様

■地域×企業 事例紹介① 

 美唄市×(株)ホワイトデータセンター 

 「雪冷熱のゼロエミッション・ホワイトデータセンターと廃熱による多展開」

 (株)ホワイトデータセンター 

 代表取締役社長 伊地知 晋一 様

■地域×企業 事例紹介② 

 石狩市×北海道電力(株) 

 「石狩市が目指すLeds(Local Energy Direct Supply)

 データセンターパーク構想の実現に向けて」

 石狩市企画経済部企業連携推進課 

 課長 堂屋敷 誠 様

■個別情報交換会(名刺交換・交流)

 *新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を万全に行った上で実施いたします。

日時・会場

日時:令和3年12月22日(水) 13:30~16:30(13:00受付開始)

会場:セルリアンタワー東急ホテル B2F ボールルーム(宙)

    (東京都渋谷区桜丘町26-1)

    会場では新型コロナウイルス感染防止対策を講じて実施します。

    当日はWEBでもセミナーを配信いたします。

参加費:無料(事前登録制)

定員:会場参加者100名 WEBセミナー100名 

申込締切:令和3年12月17日(金)

※このセミナーは、経済産業省の電源立地地域対策交付金を活用した事業です。

申込先・チラシ

申込先など詳細につきましては下記の専用ページをご覧ください。

●専用ページ:https://datac-hkd.jp/

●本セミナーのチラシは こちら

このページに関するお問い合わせ
北海道経済部産業振興局産業振興課 立地推進第二係
〒060-8588 
北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5328
FAX番号:011-232-2139
メールアドレス:keizai.sangyousinkou1#pref.hokkaido.lg.jp
※送信の際には「#」部分を「@」としてください。

カテゴリー

産業振興局産業振興課のカテゴリ

page top