ふるさと写真館・用水路

北海幹線用水路(北海道遺産)

写真1

空知川。遠くに見える頭首工から長い水の旅が始まります。
(赤平市、新成大橋から上流方向に撮影)

写真2

取水されてすぐの位置です。
(赤平市、道道赤平滝川線から上流方向に撮影)

写真3

しばらく、道道赤平滝川線と併走します。
(赤平市、新住吉橋から川下方向に撮影)

写真4

道道とともに、トンネルを潜り、尾根を超えます。
(赤平市、鮫淵トンネル付近から川下方向に撮影)

写真5

ペンケ歌志内川を越え、さらに進みます。
水路の水をポンプなどを使って流すと不経済ですし、無駄なエネルギーの消費は環境のためにも決してよいものではありません。
このため、できるだけ自然に流下する勾配にするために、時として道路をまたぐように越えます。
(砂川市、道道砂川奈井江美唄線から)

写真6

思わず歩きたくなるような欧風の並木道。
北海幹線は流れが速く、また水量も多いため、河川とはまた違った表情を見せてくれます。
(砂川市、みどりのプラザかこもれびのプラザのどちらかだったと思います。上流方向に撮影)

写真7

写真8

風車がアクセントです。
街に住む人たちに安全に水に親しんでもらうために、水路に約1キロにわたって覆いを掛け、大部分の水はそこを潜るようにしながらも、一部は表面を流れるようにしてある親水公園です。
このような公園は、美唄や岩見沢市内にも見られ、市民の憩いの場になっています。
(砂川市、ながれのプラザ。川下方向に撮影)

写真9

ゆったりと、空知平野を南下します。
(砂川市、道道砂川奈井江美唄線から上流方向に撮影)

写真10

道央自動車道をくぐり、さらに進みます。
(奈井江町、奈井江砂川IC付近)

写真11

写真12

美唄市茶志内付近の風景。
(左岸から上流方向に撮影)

写真13

北海道開拓の友、函館本線を交差。
(美唄市光珠内、国道12号線付近から川下方向に撮影)

写真14

北海幹線より三笠サンファームを望みます。
(三笠市)

写真15

幌向川を地下トンネルで潜ります。
(岩見沢市、幌向川右岸側から川下方向に撮影)

写真16

写真17

夕張川へファイナルラン。
(栗沢町、上流、川下方向に撮影)

カテゴリー

農村振興局農業施設管理課のカテゴリ

page top