外部監査について

概要

 外部監査は、平成9年6月の地方自治法の一部改正により創設され、平成10年10月1日から施行された制度です。北海道では、全国に先駆けて平成10年10月から外部監査制度を導入しました。
 本制度は、地方公共団体の組織に属さない外部の専門的な知識を有する者の監査を導入することにより、監査機能の専門性・独立性の一層の充実と、監査機能に対する住民の信頼感の向上を図ることを目的としております。
 外部監査は、外部の専門家(弁護士・公認会計士・税理士等)と契約を締結し、契約に基づき監査を行うもので、包括外部監査と個別外部監査があります。個別外部監査は、住民や議会・長からの監査請求等の際に、監査委員による監査に代えて外部監査人による監査を求めることができる制度です。包括外部監査は、外部監査人の判断でテーマを決定し監査を実施します。

お知らせ

・令和4年度包括外部監査のテーマを掲載しました。(R4.9.6)

これまでの包括外部監査人

○包括外部監査人一覧
    期 間 氏名(敬称略)   資 格
令和4年度~鈴江 誠税理士
令和2年度~令和3年度板垣 博靖公認会計士
平成30年度~令和元年度毛利 節弁護士
平成28年度~29年度平田 清悦税理士
平成26年度~27年度上田 恵一公認会計士
平成24年度~25年度薄木 宏一弁護士
平成22年度~23年度岩本 敏美税理士
平成20年度~21年度千葉 健一公認会計士
平成18年度~19年度中嶋 恭介弁護士
平成16年度~17年度石丸 修太郎 税理士・公認会計士
平成13年度~15年度 籏本 道男公認会計士
平成10年度~12年度田中 新一公認会計士

これまでの包括外部監査のテーマと監査結果

令和4年度

○令和4年度テーマ
 コロナ禍における重点政策等と財政収入及び支出に係る財務事務の執行について(選定理由
○監査対象機関
 総務部、総合政策部、農政部、水産林務部、教育庁、各(総合)振興局及び各機関の出先機関等
○監査期間
 令和4年9月20日~令和5年1月31日
○補助者氏名
 板倉圭吾、越前谷孝弘、鈴木隆司、岩田圭史 

令和3年度

令和2年度以前

カテゴリー

行政局改革推進課のカテゴリ

page top