資料紹介-シリーズ「終戦」2

青年学校備品等取扱ニ関スル件

shiryosyokai02_2.jpg
(表裏を片面ずつ撮影し合成)

 1945(昭和20)年8月29日、北海道庁上川支庁長から、連絡青年学校長に宛てて出された文書です。
 青年学校とは、尋常小学校(現在の小学校に当たる)卒業後、進学せずに働いている青年を対象とした学校で、実業補習学校と青年訓練所を改め、1935(昭和10)年に発足したものです。心身の鍛練、徳性の涵養(育てること)、職業及び実際生活に必要な知識技能の付与を目的としていました。

 文書の内容を見ていきます。
 まず、「8月26日の学校長会議で注意した『青年学校備品等取扱に関する件』について、左記により取り扱うよう、貴部内(宛名の連絡青年学校長の管轄内)の青年学校長に伝達してほしい」と述べ、次いで種類毎に指示を記しています。

一、銃器  払下銃の御紋章は8月31日迄に抹消し、他の備品と共に一括しておいて、追て指示を待つこと。

 学校に銃?と驚くかもしれませんが、青年学校では体操の代わりに軍事教練が行われていました。
 「御紋章」とあるのは、銃が天皇陛下からくだされたものであることを示す菊の紋章です。民間に払い下げられる際等には、削ったり、別の線を加えて菊紋でないものにされていたようですが、連合国軍による接収を視野に入れてか、改めて抹消を指示しています。

二、書類  書類の焼却は会議で示したもののほか、教練に関する「秘」取扱のものを本則とするが、教練計画表、査閲関係書類(所見簿を除く)、教練指導方針等は焼却するように。

 終戦時に文書の焼却が行われたことは聞いたことがあるかもしれませんが、それを具体的に指示した一例です。
 ここでは軍事教練に関するものが列記されていますが、そのほかに会議で示されたものがあったようです。

三、簿冊  別に処理すべきものはないが、軍作戦に関係のある「部外秘」取扱の典・令・範等は焼却もしくは他に散乱させない様に処理し、(軍作戦に関係のある)一般のものは焼却しなくてもよいが散乱させない様に。

 簿冊とは帳簿、帳面を綴って一冊にしたもののことで、差出・宛名・内容を備えていたり組織の意思決定のために作られる書類とは区別していたことがわかります。
 典・令・範とは、軍人の行動を律するための規範の総称で、これらは焼却等により処理することとされています。

四、指導員ノ軍隊手帳、勲章、徽章等は焼却してはならない。
青年学校手帳もまた同じ(焼却してはならない)。
五、校内に掲示している加藤軍神、山本元帥、その他英霊の写真・偉人の写真等は、取り外ししなくてもよい。

 「加藤軍神」は陸軍軍人の加藤建夫(かとう たてお、1903年(明治36年)9月28日~1942年(昭和17年)5月22日)のこと。北海道上川郡東旭川村(現:旭川市東旭川町)出身。太平洋戦争緒戦時、飛行第64戦隊を率いて活躍し、戦死後「軍神」と呼ばれました。
 「山本元帥」は海軍軍人の山本五十六(やまもと いそろく、1884年〈明治17年〉4月4日~1943年〈昭和18年〉4月18日)のこと。第26、27代連合艦隊司令長官、海軍大将。前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死。死後、元帥の称号を贈られました。

六、その他  不用な年鑑類は統計があるので焼却してよいこととする。

 この文書からは、青年学校は軍国主義的性格が強かったことがうかがえます。
 また、この段階では軍国主義的なもの全てを排除するとはしていないことがわかります。

 この文書は、美瑛青年学校・美瑛第一中学校(現在の北海道上川郡美瑛町内にあった)の『終戦ニ伴フ通牒 昭和二十年九月以降』(請求記号A50/626)に綴られていたもので、北海道立教育研究所から移管を受けたものです。

shiryosyokai02_1.jpg

【全文】

上社教秘第一二八号
    昭和二十年八月二十九日      上川支庁長
 連絡青年学校長殿

   青年学校備品等取扱ニ関スル件
二十六日学校長会議ニ於テ注意致置候標記ノ件ニ関シ、左記ニ依リ
取扱相成候様、貴部内青年学校長ニ伝達相成度
        記

一、銃器  払下銃ノ御紋章ハ八月三十一日迄ニ抹消シ、他ノ備品ト共ニ
一括、追テ指示ヲ待ツコト
二、書類  書類ノ焼却ハ会議ニ示セルモノノ外、教練ニ関スル秘取扱ノ
モノヲ本則トスルモ、教練計画表、査閲関係書類 (除所見簿)、教練指導方針等ハ焼却セラレ度
三、簿冊  別ニ処理スベキモノナキモ、軍作戦ニ関係アル部外秘
取扱ノ典令範等ハ焼却若シクハ他ニ散乱セシメザル
様処理シ、一般ノモノハ焼却スルニ及バザルモ散乱セシメザル様
四、指導員  軍隊手帳、勲章、徽章等ハ焼却スベカラズ
青校手帳亦同ジ
五、校内掲示ノ加藤軍神、山本元帥、其ノ他英霊ノ写真
偉人ノ写真等取リハズシスルニ及バズ
六、其ノ他  不用ナル年鑑類ハ統計アルヲ以テ焼却スルヲ可トス

カテゴリー

page top