企業・団体等による社会貢献の取組を通じた寄附

02-0_top.png    

      
企業・団体の社会貢献の取組を通じ、売り上げなどの一部をご寄付いただく方法も是非ご検討ください。

◎アサヒビール株式会社様の新商品販売と連携した寄附

 平成29年度、アサヒビール株式会社様から、150年関連事業の一環として、自社新商品の販売と連携したほっかいどう未来チャレンジ基金への寄附の申し出をいただき、平成30年6月~8月及び11月~1月の6か月間、「ブラックニッカ ハイボール香る夜」(4/3発売)の売上げ1本について1円を、当基金のスポーツコースにご寄附いただきました。令和元年度(2019年度)も、2019年6月~8月、11月~2020年1月の6か月間、同取組を継続して実施していただきました。
 令和2年度(2020年度)も、2020年11月~2021年1月の3ヶ月間、同取組を継続して実施していただきました。

(参考)アサヒビール株式会社ホームページ

asahi-beer1.JPG asahi-beer2.JPG

◎道内イオングループ各店舗での募金箱の設置による寄附

 イオン北海道株式会社様のご協力をいただき、基金について周知を図るとともに、広く道民の方々からの募金を募ることを目的として、道内の系列店舗に募金箱を設置いただき、2,532,463円(2018年度588,361円、2019年度828,400円、2020年度402,148円、2021年度713,554円)のご寄附をいただきました。
 令和4年度(2022年度)も、同取組を継続して実施していただいています。

○実施期間 2022年6月1日(水)~7月31日(日)

○実施店舗 道内の「イオン」、「イオンスーパーセンター」、「マックスバリュ」、「ザ・ビッグ」、「まいばすけっと」など167箇所

イオン北海道プレスリリース資料

イオン北海道「ほっかいどう未来チャレンジ応援募金」2.jpg

◎日糧製パン株式会社様の自社主力商品売上と連携した寄附

 日糧製パン株式会社から、150年関連事業の一環として、自社主力商品の売上と連携したほっかいどう未来チャレンジ基金へのご寄附をいただきました。
 平成30年4~6月(3ヶ月間)の「ラブラブサンド」全品の販売1個について1円をご寄附いただく取組で、期間累計販売数約150万個となりました。
 令和元年度(2019年度)は2019年7月~8月、2020年2月~3月の4ヶ月間実施いただき、累計約142万個となりました。
 令和3年度も2021年12月~2022年1月の2ヶ月間実施いただき、売上の一部を基金に寄附いただきます。

日糧3.jpg

・実施期間:令和3年12月1日(水)~令和4年1月31日(月)
 ・対象商品:「ラブラブサンド」シリーズ(対象商品に「みらチャレ」ワンポイントラベルを貼付)
 ・寄附内容:販売個数1個につき、1円を基金に寄附
 
 (参考)日糧製パン(株)プレスリリース (PDF 430KB)

◎古本募金ハッピープロジェクト「ハピぼん」(運営:NORTH CREATE)

hapibon.png

 ハピぼんは、ご家庭や会社で不要になった本等を寄付することで、買取金額を任意の機関に寄附できる仕組みです。
 この仕組みを活用して、ほっかいどう未来チャレンジ基金に寄附することができます。
 詳細は、ハピぼんホームページをご覧ください。
 また、道庁・市町村の職員の場合は、こちらの要領こちらの要領に基づき、お手続きをお願いします。

◎株式会社北海道銀行様の「道銀SDGs私募債」を活用した寄附

 株式会社北海道銀行が取り扱う「道銀SDGs私募債」の寄附先に2020年4月1日から「ほっかいどう未来チャレンジ基金」を追加していただくこととなりました。
 私募債発行企業からの指定により、発行額の0.2%が「ほっかいどう未来チャレンジ基金」に寄附されます。
 道銀SDGs私募債の詳細については、株式会社北海道銀行のホームページをご覧ください。

douginsdgs.jpg

(参考)株式会社北海道銀行ホームページ

◎One Hokkaido Project実行委員会様の制作曲「私たちの道」売上による寄附

onehokkaidoproject03-1.png onehokkaidoproject01.jpg

令和2年8月6日、One Hokkaido Project実行委員会様から、同委員会で制作した北海道の歌「私たちの道」(YouTube公式ミュージックビデオはこちらから(外部サイトに繋がります。))の売上の一部を「ほっかいどう未来チャレンジ基金」へ御寄附いただきました(左から、梅岡実行委員長、総合政策部長)。
 One Hokkaido Projectとは、平成30年(2018年)の北海道命名150年の年に、北海道内のテレビ6局(NHK札幌放送局、北海道放送、札幌テレビ放送、北海道テレビ、北海道文化放送、テレビ北海道)が放送局の垣根を越え、共同で事業や番組制作を行うプロジェクトです。
 詳しくは、One Hokkaido Projectホームページをご覧ください。

◎大王製紙株式会社様の自社商品売上と連携した寄附

 大王製紙株式会社様にご協力いただき、令和3年10月1日から販売している北海道限定販売商品「エリエール北海道ティシューなまらたっぷり」の売り上げの一部を「ほっかいどう未来チャレンジ基金」にご寄付いただくこととなりました。
 従来品(150組5箱)よりも文字どおり「なまらたっぷり」入った(300組5箱)のお得な商品となっております。)エリエール北海道ティシュー(調整済.jpg

 〇対象商品の概要
  ・商品名:エリエール北海道ティシューなまたらっぷり
  ・規 格:300組5箱 1セット
  ・特 徴:北海道の若者が海外留学を通じて未来へチャレンジする(みら
                    チャレ)を応援するパッケージと北海道の食の名産品をふんだ
                    んにあしらったパッケージデザイン
  ・販 売:北海道限定
  ・価 格:オープン価格
  ・生 産:赤平製紙株式会社(北海道赤平市) ※大王製紙グループ会社

  ※大王製紙株式会社プレスリリース資料 

 

カテゴリー

地域創生局地域政策課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部地域政策課地域政策係(未来人財)

〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目(本庁舎4階)

電話:
011-206-7380
Fax:
011-232-1053

page top