北海道内7空港の一括運営委託に関する基本的事項

北海道内7空港の一括運営委託に関する基本的事項が決まりました~北海道全体の更なる観光振興に向けて~

 北海道は、国土交通省、旭川市、帯広市とともに、北海道内7空港※を一体とした前例のない運営の民間委託の実現に向けた手続きを進めており、今般、事業の概要を定める「実施方針」の基本的事項が決まりましたので公表いたします。
    ※国管理空港(新千歳、稚内、釧路、函館)、特定地方管理空港(旭川、帯広)、地方管理空港
       (女満別)

「実施方針」の基本的事項

・事業期間:30年間(不可抗力等による延長含め最長35年間)
・空港運営事業開始時期:段階的開始とする。
   平成32年 6月頃・・・新千歳空港

   平成32年10月頃・・・旭川空港
   平成33年 3月頃・・・稚内空港・釧路空港・函館空港・帯広空港・女満別空港
・審査方式:国が設置する審査委員会において、7空港の提案内容を一体的に審査・評価し、優先
          交渉権者を選定する。(他3管理者は審査・評価を委嘱)

・事業方式:地方管理3空港については「混合型」の制度設計とし、地方管理3空港は「公的最大負
                 担額の削減額」について、管理者毎に提案を受ける。

・提案事業:「北海道の広域観光の振興」及び「道内航空ネットワークの充実」について提案を受け
                 る。

<基本的事項等掲載URL>

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk5_000037.html  ※国土交通省航空局ホームページ


このページに関するお問い合わせ
北海道総合政策部航空港湾局航空課
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5955
FAX番号:011-232-0152

 

カテゴリー

page top