北海道科学技術審議会委員公募のお知らせ

(公募は終了しました)

道では、科学技術の振興を図るため、知事の附属機関として北海道科学技術審議会を設置しています。
この度、道民の方々と共に考え、広く皆様の意見を施策に反映させるため、次のとおり審議会委員を公募します。

委員の仕事

年数回、札幌市内で開催される北海道科学技術審議会に出席し、学識経験者等の委員と共に、
知事から諮問のあった 科学技術の振興に関する重要事項や、基本計画の推進について調査審議
していただきます。

応募資格

次の要件をすべて満たすことが必要です。

  1. 北海道に居住する満20歳以上の方(令和3年1月1日現在)
  2. 科学技術の振興について見識と関心を持ち、年数回開催する審議会(札幌市内で開催)に出席
  3. 国または地方公共団体の議員及び職員(道職員であった方を含む。)以外の方

公募委員数

1名

委員の任期

委嘱の日(令和3年1月1日予定)から2年

応募方法

募集期間中に、次の(1)と(2)の書類をまとめて応募先に郵送又は持参してください。
※FAX、電子メールによる応募は受け付けておりません。

(1) 北海道科学技術審議会委員応募用紙(所定の用紙 様式1 Word形式 (DOCX 18KB) / 様式1 PDF形式 (PDF 136KB)
(2)作文(所定の原稿用紙 様式2 Word形式 (DOC 83.9KB) / 様式2 PDF形式 (PDF 34.3KB)
         次のテーマについて、あなたの考えを1,200文字(原稿用紙3枚)以内にまとめてください。

キャプション

【テーマ】北海道における科学技術振興について
【内 容】ア 地域資源を活用した研究開発
     イ 産学官連携による研究成果の事業化・新事業の創出
     ウ 理科教育を含め科学技術の理解増進に係ることなど、これからの北海道における科学技術の水準向上や経済の活性化 

(3)留意事項
       ア 応募に必要な書類は、北海道経済部産業振興局科学技術振興課及び各総合振興局・振興局産業
          振興部商工労働観光課にも備えています。
   イ 提出された応募書類はお返しできませんので御了承ください。

 

募集期間

令和2年10月12日(月)から10月28日(水)まで(必着)
郵送の場合:書留など履歴の残る方法により郵送してください。
持参の場合:平日の9時~17時の間に持参してください。

選考

選考委員会において、作文及び応募用紙記載内容を総合的に審査の上、選考します。
選考結果は、12月上旬頃までに応募者全員にお知らせします。

報酬

審議会に出席した場合は、道の規定により報酬及び旅費をお支払いします。

参考

カテゴリー

次世代社会戦略局科学技術振興課のカテゴリ

page top