北海道立江差高等看護学院(教育理念)

教育の理念と目標

教育理念

道立看護学院は、北海道の地域医療を担う看護職員の養成を目的として設立された専修学校です。
そのなかで本学院の役割は、地域に根ざした看護を実践できる人材を育成し、道内でも看護職員の充足率が低い檜山及び渡島、後志地域の医療・福祉施設等で必要とする質の高い看護職員を供給することにあります。

本学院は、この設置の趣旨に基づき、恵まれた自然と、歴史と伝統を誇る江差文化のなかで、一人ひとりの学生の持てる力と主体的に学ぶ姿勢を大切にし、よりよく生きるための豊かな人間性を培い、看護の専門的知識・技術を修得して、地域の人々の健康と福祉の向上に貢献できる看護の実践者を育成します。

教育目的

  • 人間についての理解を深め、生命の尊厳を基盤として倫理観を培い、自己を見つめる力と相手の心を思いやる豊かな感性を養います。
  • 人々の健康にかかわるさまざまな現象の本質をみきわめ、学んだ知識と技術を統合し、科学的根拠に基づいた看護が実践できる能力を養います。
  • 社会の情勢や科学技術の発達に関心を持ち、自分を取り巻く地域社会の変化に柔軟に対応できる能力を養います。
  • 看護の担うべき役割を認識し、保健・医療・福祉領域の人々と連携できる能力を養います。
  • 看護の専門職としての誇りと自覚をもち、主体的に学習を継続し、自己成長ができる基盤を養います。

カテゴリー

江差高等看護学院のカテゴリ

page top