感染症予防計画について

感染症予防計画について

感染症予防計画とは?

 感染症予防計画とは、感染症の予防の総合的な推進を図るための基本的な計画であり、感染症対策の方向性を示すものです。

北海道感染症予防計画について

 北海道感染症予防計画(以下「予防計画」という。)とは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下「法」という。)第10条の規定、法第9条の規定による「感染症の予防の総合的な推進を図るための基本的な指針」(以下「基本指針」という。)、法第11条の規定による「特定感染症予防指針」に基づく感染症の予防のための施策の実施に関する計画です。
 予防計画(第4版)を策定した平成20年3月から10年が経過し、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)が制定されたことをはじめ、感染症に関する法制度等は大きく変化しています。
 これらの変化を踏まえ、基本指針及び特定感染症予防指針に基づき、本道の感染症対策を総合的に推進するため、計画を策定します。

カテゴリー

感染症対策局感染症対策課のカテゴリ

page top