淋菌感染症について

淋菌感染症

感染経路

 性行為によって淋菌を含む粘膜からの滲出物から感染します。

潜伏期間

 男性は「感染後2~9日」、女性は「感染後数日」

感染時の症状

 男性は、潜伏期間後に尿道に軽いかゆみや熱っぽさを感じ、尿道口から初めは粘液、次いで膿が出るようになります。

 排尿時に熱っぽさや疼痛もあります。放置すると、頻尿、排尿困難となり、排尿の終わりに出血をみるようになります。

 女性では、子宮頸管炎又は尿道炎を起こしますが、軽症のため気づかないことが多く、放置すると子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎、子宮周囲炎などに進展し、不妊症、子宮外妊娠などの原因になっていきます。

 また、咽頭にも感染します。

 最近は、無症状の場合が増えているといわれ、咽頭感染も増えています。

カテゴリー

page top