ポンテシオ発電所(ぽんてしお はつでんしょ)

発電所の概要

 天塩川の最上流地点に位置するポンテシオ発電所は、昭和48年の石油危機を契機に国産エネルギー開発の一環として、道営では初めてのダム水路式発電所として、昭和55年6月に着工し、総工費102億5千万円で、昭和58年6月に完成しました。

写真

発電所の概要
運転開始 昭和58年6月
出力 11,000kW
年間発電電力量 37,495,500kWh(令和3年度実績) 
(一般家庭約13,600戸分)
注:1戸2,760kWh/年で換算
水車型式 フランシス
発電所型式 ダム水路式

 

ポンテシオダムの概要

 ポンテシオダムは、道営電気事業初の発電専用のダムとして、岩尾内ダム上流約18km地点に建設されました。
 貯水容量は、87万立方メートルで最大毎秒8.0立方メートルを取水し、約8.2kmの導水路トンネル等を経て、ポンテシオ発電所に導水しています。

写真

カテゴリー

発電課のカテゴリ

page top