「北海道ダム長寿命化計画」について

 

 

「北海道ダム長寿命化計画」について

 

 

 

 

 

 

  北海道では、昭和47年より管理を開始した有明ダムを始めとして、洪水調節、流水の正常な機能の維持、かんがい用水、水道用水の供給などを目的に、全17ダムを管理しています。

 

  20年後には、約5割に及ぶダムが建設から50年以上経過及び各施設の老朽化が懸念されることから、長期的視点を踏まえたダムの効率的・効果的な維持管理・更新等の取組を進める必要があります。

 

  このため、北海道においては、戦略的な維持管理・更新等を推進することを目的とした「北海道ダム長寿命化計画」を策定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓  概要については、下記リンク先からダウンロード可能です。 ↓ 

 

 

 「北海道ダム長寿命化計画の概要」 

 

 

カテゴリー

建設政策局維持管理防災課のカテゴリ

page top