区画整理のことば

 

仮換地
 施行者は、換地処分を行う前において工事などの必要のため、従前の宅地の使用収益を停止し、仮に権利の目的となる土地を指定することができます。これを仮換地といいます。
 この場合、従前の宅地についての権利と同じ使用収益をすることができます。
 
 
換地
 区画整理では、道路・公園等の公共施設を整備すると同時に、個々の宅地の条件を考慮しながら、最も利用しやすい宅地の再配置を行います。
 この従前の宅地に対して新しく再配置された宅地を換地といいます。
 なお、換地は、従前の宅地の位置、地積、土質、水利、利用状況、環境等を総合的に考慮して、原則としてこれに見合うように定めなければなりません。
 
 
減歩
 区画整理では、事業に必要な土地は、地区内の地権者から事業による個々の宅地の利用増進に見合った分だけ、公平に出し合う仕組みとなっており、この個々の宅地の地積が事業により減少することを減歩といいます。
 減歩には、道路・公園等の公共施設に充てるための土地を生み出す公共減歩と事業費の一部を生み出すために定められる保留地減歩があります。
 
 
事業計画
 施行者が事業を施行する場合に作成する公共施設、宅地等に関する計画をいい、
1:施行地区、2:設計の概要、3:事業施行期間、4:資金計画等を定めます。
 
 
清算金
 換地は、もとの宅地と照応するように定められますが、それぞれの宅地の事情や技術的な面から多少の不均衡が生じることがあります。
 そこで、宅地間の不公平をなくすため、施行者が、より多く換地を与えられた人からその相当分の価格を徴収し、少ない人へ交付する金銭を清算金といいます。
 
 
施行区域
 施行区域は、事業について都市計画に定められた区域をいいます。
 
施行地区
 施行地区は、事業を施行する土地の区域をいい、事業計画において定められます。
 
総会
 組合施行の事業において、組合員全員で組織する議決機関をいいます。
 総会で決定する事項は、
1:定款・事業計画の変更、2:換地計画、3:仮換地の指定
など事業運営の根幹をなすものとなります。
 なお、組合員が100人を超える組合にあっては、特別な事項を除き総会に変わってその権限を行わせるために総代会を設けることができます。
 
定款
 組合施行の事業において、定めなければならない組合の運営に関する規則をいいます。
 定款に定める事項は、1:組合の名称、2:事業の範囲、3:役員に関する事項、4:総会・総代会に関する事項
などとなっています。
 
宅地
 公共施設の用に供されている国又は地方公共団体の所有する土地以外の土地をいいます。
 
保留地
 一定の土地を換地として定めず、売却して事業費の一部に充てるために定められる土地をいいます。
 

       next.gif

     次のページへ

      back.gif

     前のページへ

       top.gif

     先頭のページへ

       home.gif

     都市環境課のページへ

 

カテゴリー

まちづくり局都市環境課のカテゴリ

page top