北の縄文(西崎山環状列石(余市町・小樽市))

 

 

北の縄文(西崎山環状列石(余市町・小樽市))


 

scbtn01_of.gif scbtn02_of.gif scbtn03_on.gif scbtn04_of.gif scbtn05_of.gif    
00_null.gif
00_null.gif
 
sc_k.gif
00_null.gif
tit_remin1.gif
 
sc_k01.gif
title-k.gif
sc_k02.gif

cap-t.gif
 
00_null.gif
■遺跡の概要
sc_k02.gif
 
01b.jpg
▲全景
 余市町と小樽市の境界となる西崎山の尾根には環状列石(ストーンサークル)と呼ばれる人頭大や幼児の頭ほどの石を円形に並べ、中心に棒状の石を立てた特殊な遺構が見られます。
 本遺跡の調査は、1950~1952年に東京大学考古学研究室が、余市町側の第1区と呼ばれる東西11m、南北17mの楕円形の範囲内の環状列石群を発掘したことに始まります。石を直径1~2mの範囲に円形に並べた遺構が7つあり、そのうち4つを発掘しました。配石の間からは、縄文時代後期中頃の土器が出ました。また、いずれの配石の下にも直径50cm、深さ70cmほどの穴があり、穴の中から燐分が検出されました。このことからこの穴は遺体を埋葬した墓と考えられます。この1区は1951年5月に北海道指定の史跡となりました。
1963年に余市町教育委員会により第3区が発掘調査され、1968年と1972年には北海道大学による第4区の発掘調査が行われております。また、1988年、隣接する余市町栄町5遺跡で広域農道の建設に伴う発掘調査が行われ、関連して本遺跡の2・3区の再確認の調査が行われました。2000年には(財)北海道埋蔵文化財センターが、2区~5区の地形測量、遺構実測、撮影等を中心とした重要遺跡確認調査を行いました。
 
■特徴的な遺構
sc_k02.gif
 
 1区は北海道指定史跡となっています。2区は3基の配石が調査され、尾根の3区は3つの群をなす配石があります。尾根先端の4区は5基の配石があります。
02j.jpg
▲2区の配石
03i.jpg
▲3区1群の配石
 
他の遺跡を見る
 

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top