ペット飼う前に

ペットは責任を持って終生飼いましょう

 「かわいいから。」という安易な気持ちだけでは、動物を飼うことはできません。動物と楽しく暮らす社会をつくるには、飼い主の皆さんのマナーが最も大切です。

動物を飼うに当たっての注意

1.習性、生態、寿命等を十分に理解した上で、飼うかどうかを決めましょう。

  • 犬や猫は10年以上生きます。終生飼い続けられますか?
  • 特に、珍しい動物を飼育するときには、十分な知識を持ちましょう。
  • 成長すると、気が荒くなったり、想像以上に大きくなる種類もあります。成長後も飼育できるかどうか、あらかじめよく考えておきましょう。

2.飼育環境を整えましょう。

  • その動物に適した環境を用意しましょう。
  • 動物の健康管理にも十分注意しましょう。
  • ケージ等の入り口をきちんと閉め、逃げ出さないように注意しましょう。

3.愛情を持って、最後まで飼いましょう。

4.隣近所へ迷惑をかけないようにしましょう。

  • 特に猫の放し飼いでは、糞などのトラブルが多く起きています。
  • ペットには、飼い主の氏名と連絡先を記した首輪などをしてください。

5.どうしても飼えなくなった、責任を持って、新しく飼ってくれる人を探しましょう。

  • 引っ越し等で将来ペットが飼えなくなることがないように、予め考えておくことが必要です。
  • 飼い方によっては不妊措置をしておかないと、思いもせず子供が産まれることもあります。
  • どのような場合でも、飼育動物を捨てたり自然界に放すことは、絶対にしてはいけません
  • 子犬や子猫のもらい手は、簡単には見つかりません。あなたのペットの不妊措置をしてください。

不幸なペットは、全て飼い主の責任です

 動物を虐待したり、捨てたりすると、

動物の愛護及び管理に関する法律」により罰せられます

 今、ペットとして飼われていたアライグマなどの動物(移入動物、外来種)の野生化によって様々な問題が発生しています。

 こうした動物は、地域に大きな迷惑をもたらすばかりでなく、有害な動物として駆除されたり、動物自体も病気にかかったりして、不幸な結末を迎えてしまいます。

不幸なペットをつくらないために、犬や猫は不妊措置をして飼いましょう。

カテゴリー

自然環境局のカテゴリ

page top