北海道アライグマ捕獲等情報マップ

北海道アライグマ捕獲等情報マップについて

北海道アライグマ捕獲等情報マップは、アライグマの捕獲に関わるすべての方に、円滑な捕獲情報の共有による効率的な広域捕獲など、新たなアライグマ対策の実現に向けて、関係機関より情報提供いただいたデータを基に作成しました。
本データのメッシュ情報は、「5kmメッシュ(約5km四方)」GISデータ(環境省生物多様性センター)を使用し、北海道が作成・加工したものです。(http://gis.biodic.go.jp/webgis/sc-023.html)

マップからわかる気になる3ポイント!(活用例)

その1:周辺地域もしっかり確認!

〇アライグマの行動域は、環境条件により異なりますが、10ha(0.1km2)~2,000ha(20km2:マップ内のメッシュ4個分)と言われております。
〇そのため、自分の捕獲活動地域以外の捕獲情報も重要となり、周辺の捕獲数が多い地域とアライグマの移動ルートとなる環境情報(河川・水路など)を照らし合わせ、捕獲地点を選定するなど、地域でアライグマ対策を進める上では、「広域的な視点」も重要となります!
→本マップは一部の河川情報が掲載されておりますので、併せてご確認ください。

その2:アライグマ増加地域に注目!

〇アライグマの成獣メスと幼獣の捕獲情報がある地域は、「アライグマの増加が懸念」される地域となります。成獣メスと幼獣が捕獲されたら、その周辺での捕獲を集中的に実施しましょう!
〇特にメスの捕獲数が多い程、翌年のアライグマの増加数を抑制することができますので、捕獲した際は、性別を確認してみましょう!
→見分け方は、ポケットアライグマvol.1を確認しましょう!
〇自分の捕獲活動地域と他の活動地域の成獣メスの捕獲数を比較してみましょう!
→増加地域が気になる方は、アライグマ成獣メス&幼獣捕獲等情報マップをご確認ください。

その3:空白地域は油断できない!?

〇マップのメッシュにおいて、色のない空白地域は、アライグマがいない地域ではなく、「捕獲情報がない地域」です。
〇北海道では、ほとんどの市町村でアライグマが目撃されていることから、空白地域において、アライグマの痕跡(足跡・被害)などを確認しましたら、地域でアライグマによる農業被害や生息数が増加する前に、捕獲を開始しましょう!

令和2年(2020年度)北海道アライグマ捕獲等情報マップ

北海道アライグマ捕獲等情報マップの凡例

 

各メッシュ毎の令和2年度(2020年度)のアライグマ捕獲等情報を掲載しております。
地図上に表示されているメッシュをクリックすると、メッシュ毎の捕獲数内訳(性齢級毎の捕獲数&合計値)が表示されます。
なお、性齢級不明個体の情報が合計値に含まれていることから、内訳と合計値が一致していない場合がありますので留意願います。
また、メッシュ情報が不明の捕獲等情報は、本マップに反映されていないことから、北海道が公表している令和2年度(2020年度)の捕獲数と一致しておりません。

令和2年度(2020年度)アライグマ成獣メス&幼獣捕獲等情報マップ

北海道アライグマ成獣メス&幼獣捕獲等情報マップ

 

各メッシュ毎の令和2年度(2020年度)のアライグマの成獣メスと幼獣の捕獲等情報を掲載しております。
地図上に表示されているメッシュをクリックすると、メッシュ毎の捕獲数内訳(性齢級毎の捕獲数&合計値)が表示されます。
また、メッシュ情報が不明の捕獲等情報は、本マップに反映されていないことから、北海道が公表している令和2年度(2020年度)の捕獲数と一致しておりません。

北海道アライグマ捕獲等情報のデータについて

北海道オープンデータポータルサイトに掲載されておりますので、下記URLよりご確認ください。
なお、本ページを利用するにあたっては、「北海道オープンデータ利用規約」に従って適切に活用願います。

カテゴリー

自然環境局のカテゴリ

page top