道特別支援金について(トップページ)

bannar.gif

1104支援金Cリーフレット(画像用).png

★「道特別支援金C」について 

⇒「道特別支援金C」のリーフレットはこちら  

⇒英語版(English)  Hokkaido Prefectural Goverment Special Subsid C          

⇒「道特別支援金A・B・C」のイメージ図はこちら

⇒「道特別支援金C」の申請の手引き・申請書類について

 ・申請の手引き(支援金A・B・C共通)

 ・申請書(支援金A・B・C共通)

 ・宣誓・同意書(支援金A・B・C共通)

 

★WEB申請はこちらです

 〇WEB申請(支援金A・B・C共通)  (申請前にWEB申請マニュアルをご覧ください。)

  WEB申請は、事業者所在地の(総合)振興局のエリアをクリックしてください。                 

   ・道央 【石狩・空知・胆振・日高】 

   ・道北 【上川・宗谷・留萌】 

   ・道南 【渡島・後志・檜山】

   ・道東 【十勝・釧路・オホーツク・根室】

※WEBで申請された方は、Myページより申請状況を確認することができます。

重要なお知らせ

 

〇「道特別支援金」の申請不備が急増しております。今一度ご確認ください。

最近、「道特別支援金」の申請不備が急増しており、特に給付要件である売上減少率の誤りが多くなっております。売上減少率の考え方については下記のとおりです。今一度ご確認ください。売上減少率算出方法.png

【給付要件】 

●支援金A 

2020年11月~2021年3月のいずれかの月の売上が前年・前々年比50%以上減少                         ※11月または12月を対象月とした場合は前年のみの比較とします

 例1) 2020年1月の売上が1,000万円、2021年1月の売上が400万円 ⇒ 60%減少(要件〇)

 例2) 2020年1月の売上が1,000万円、2021年1月の売上が600万円 ⇒ 40%減少(要件×)

●支援金B

2021年4月~7月のいずれかの月の売上が前年・前々年比30~50%未満減少

 例1) 2020年5月の売上が1,000万円、2021年5月の売上が700万円 ⇒ 30%減少(要件〇)

 例2) 2020年5月の売上が1,000万円、2021年5月の売上が300万円 ⇒ 70%減少(要件×)

●支援金C

2021年8月~10月のいずれかの月の売上が前年・前々年比30~50%未満減少

例1) 2020年8月の売上が1,000万円、2021年8月の売上が510万円 ⇒ 49%減少(要件〇)

例2) 2020年8月の売上が1,000万円、2021年8月の売上が490万円 ⇒ 51%減少(要件×)

                                          

〇下記の事業者(休業・時短要請等に伴う協力支援金の対象)の皆様は「道特別支援金」の申請はできませんのでご注意ください。

・道特別支援金A

⇒札幌市内の時短営業の要請の対象となっていた飲食店等

・道特別支援金B

⇒全道の休業・時短営業の要請の対象となっていた飲食店等

⇒札幌市を含む石狩管内の市町村・小樽市・旭川市の1,000㎡超の大規模施設を運営する事業  者及び施設内のテナントを営む事業者等

・道特別支援金C

全道の休業・時短営業の要請の対象となっていた飲食店等

※休業・時短営業の要請の対象と要請にご協力いただいている場合の協力支援金についてはこちら

 

〇道内事業者向けの主な支援メニューについて

道特別支援金のほか、道内事業者向けの主な支援制度についてまとめましたのでご活用ください。                       ⇒道内事業者向けの主な支援メニュー

お知らせ

10月12日更新:「道特別支援金C」のWEB申請について掲載しました。

10月11日更新:「道特別支援金C」の申請の手引き等をを掲載しました。                                                10月4日更新:「道特別支援金C」の情報を掲載しました。                                     9月21日更新:「道特別支援金A・B」の申請受付期間の延長と「道特別支援金C」の情報を掲載しました。                          
3月 5日更新:道特別支援金のホームページを開設しました(本ページ)。

国の支援金について

★国の月次支援金について★
 

令和3年4月に実施されている「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」の影響緩和のための「国の月次支援金の詳細は以下をご覧下さい。なお、申請期間は、10月分は11月1日~1月7日までとなっています。 

  ⇒国の月次支援金についてはこちら

※国の月次支援金は、「国の一時支援金(※受付は終了しました。)」または「道特別支援金A」との併給が可能です。また、国の月次支援金(4月~7月分)は、「道特別支援金B」、国の月次支援金(8月~10月分)は、「道特別支援金C」との併給はできません。 

※道の休業・時短営業の要請に伴う協力金の支給対象となっている事業者は、その期間が含まれる月は給付対象外です。それ以外の月は、国の月次支援金の申請が可能です。                                                   (道の休業・時短の営業の要請の期間についてはこちらをご確認ください。) 

  例) 7月 休業・時短営業の要請あり  ⇒ 7月の月次支援金は給付対象外

      8月 休業・時短営業の要請なし  ⇒ 8月の月次支援金は給付対象                           

酒類販売事業者の皆様へ 

 道では、5月・6月及び8月・9月に「国の月次支援金」を受給した酒類販売事業者の皆様(2021年5月・6月の北海道における緊急事態措置により、酒類提供停止の要請が行われた特定措置区域の飲食店との直接または間接の反復継続した取引がある事業者)に、上乗せとして支援金を給付します。詳しくは、「酒類販売事業者特別支援金」のHPをご覧ください。 

  ⇒「酒類販売事業者特別支援金」についてはこちら

★国の一時支援金について★
 

令和3年5月31日をもって受付を終了しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

1 概要

支援金Aリーフレット(延長)_1.png                  

スライド1_1.PNG

新1025支援金C概要(HP画像用).png

2 申請手続きについて

 申請期間    2022年1月31日まで
 

  道特別支援金のリーフレット
    It is a leaflet of Hokkaido Prefectural Government Special Support Subsid.
   
    ⇒ 道特別支援金A  日本語   / English      
    ⇒ 道特別支援金B  日本語 /   English      
    ⇒   道特別支援金C  日本語 /   English     
  
   If you have a consultation in a language other than Japanese , please contact us.
   Please contact Hokkaido Foreign Resident Support Center for consultation.

3 申請の手引き 

〇申請の手引き(PDF)

  道特別支援金の申請の手引き(支援金A・B・C共通)

申請方法や、必要書類などをご案内しております。
紙の「申請の手引き」や「申請書」「宣誓・同意書」は、下記の「申請方法」からダウンロードできます。                また、「道庁本庁舎1階道政広報コーナー」「各(総合)振興局」「道内各市町村」でも配布しておりますのでご利用ください。

※配布場所はこちらをご覧ください。 ⇒ (総合)振興局 / 市町村

4 特例申請について

当支援金は、申請に際し特例を設けております。                                                         特例事項(新規創業・開業、NPO・公益法人、事業承継(死亡)、雑所得・給与所得など)に該当する場合は、                     別途補足書類の提出を求める場合があります
                                                     

詳しくは、こちらをご覧ください。 ⇒  (支援金A) 特例申請の手引き(支援金A) 

                     (支援金B) 特例申請の手引き(支援金B)   

                     (支援金C) 特例申請の手引き(支援金C)

※ 新規創業・開業特例を活用した際の提出様式                                                                (法人で決済期が到来していない場合や確定申告をしていない場合にご利用ください。)                                                                新規創業・開業に係る収入等申立書兼誓約書  (PDF版)   、  (WORD版) 

※ 雑所得・給与所得特例を活用した際の提出様式                                                ○特別支援金業務委託契約等契約申立書 (PDF版) (WORD版)                                        ○雑・給与確認資料 (PDF版) (WORD版)  
 

5 申請方法 

「WEB申請」と「郵送申請」の2とおりの申請方法があります。

 〇WEB申請  (申請前にWEB申請マニュアルをご覧ください。)

  WEB申請は、事業者所在地の(総合)振興局のエリアをクリックしてください。                 

   ・道央 【石狩・空知・胆振・日高】 

   ・道北 【上川・宗谷・留萌】 

   ・道南 【渡島・後志・檜山】

   ・道東 【十勝・釧路・オホーツク・根室】

※WEBで申請された方は、Myページより申請状況を確認することができます。

 〇郵送申請 
  下記書類を印刷して、必要書類とともに事務局まで郵送願います

    申請書(支援金A・B・C共通) 

※その他の提出書類                                                                                     申請書類の添付漏れが増えております。もう一度ご確認下さい。

①確定申告所  ②売上台帳  ③宣誓・同意書  ④本人確認書類(個人のみ)

⑤履歴事項全部証明書(法人のみ ※法務局で取得したもの)  

⑥通帳の写し(オモテ面・通帳を開いた1.2ページ)  

※書類の提出漏れ等がありましたら、給付にお時間がかかる場合があります。申請する前に再度ご確認ください。書類の提出漏れ等がありましたら、事務局より申請受理日から1週間以内にご連絡させていただきます。 

 

※保存していただきたい書類について

本制度では、時短対象との取引や外出・自粛要請等による影響を受けたことを示す書類を、申請者自身で保存して頂きます。申請時に提出は不要ですが、道や事務局より提出の求めがあった場合にはご提出をお願いいたします。

保存書類 表紙  
PDF版 、 WORD版  
 

〇人流減少に関する統計データ(V-RESAS) ※支援金Aのみ必要です。
 
下記からご自身の地区のデータをダウンロードし、紙か電子データで保管していただくようお願いします。
 代表観測地点はその地区の代表的な駅となっています。事業所所在地と異なっていても問題ありません。

  ・空知総合振興局管内の方     ・石狩振興局管内の方 
  ・後志総合振興局管内の方     ・胆振総合振興局管内の方
  ・日高振興局管内の方       ・渡島総合振興局管内の方
  ・檜山総合振興局管内の方     ・上川総合振興局管内の方
  ・留萌振興局管内の方       ・宗谷総合振興局管内の方
  ・オホーツク総合振興局管内の方     ・十勝総合振興局管内の方
  ・釧路総合振興局管内の方     ・根室振興局管内の方  

 

6 郵送先

〒060-8407 北海道特別支援金事務局 

※住所の記載は不要です。

※簡易書留や一般書留、レターパックプラス(郵便の追跡ができ、配達時に受取確認される方法)郵送願います。

※到着状況は、日本郵便の郵便追跡サービスをご利用ください。

※料金不足のもについて、受付できませんのでご返却させていただきます。

※書類の提出漏れ等がありましたら、給付にお時間がかかる場合がありますので、郵送する前に再度ご確認ください。書類の提出漏れ等がありましたら、事務局から申請受理日より1週間以内にご連絡させていたきます。                                                                           

7 申請・給付要領

8 よくあるお問い合わせ

よくあるお問い合わせ (10月18日更新) 

9 お問い合わせ先

 
  北海道特別支援金コールセンター
  011-351-4101  
  受付時間8:45~17:30 (平日のみ受付) 

10 支援金制度を実施する主な市町村

新型コロナウイルス感染書の影響を受けた事業者向けの支援金制度を実施している主な市町をご紹介します。(随時更新予定。)下記の他にも実施している市町村もありますので、お住まいの市町村へご確認ください。

・札幌市    札幌市経営持続化支援一時金(4月1日~9月30日)  【終了しました。】

・旭川市    旭川市事業継続応援支援金(7月21日~12月29日)

・函館市    函館市事業者特別支援金(10月1日~12月28日)

・釧路市    釧路市事業継続応援支援金(10月29日~3月4日)

・苫小牧市   事業継続支援事業2021(第3弾)(9月13日~1月31日)

・室蘭市    室蘭市小規模事業者等支援給付金(10月15日~12月15日)

・北見市    北見市事業者特別支援金事業(10月13日~2月16日)

・小樽市    小樽市事業継続臨時支援金(10月6日~11月22日) 【終了しました。】

・千歳市    千歳市新型コロナウイルス感染症対応市内事業者支援給付金(10月1日~1月31日)

・恵庭市    恵庭市小規模事業者事業継続支援金(9月1日~11月30日) 【終了しました。】

・岩見沢市   小規模事業者等経営サポート給付金(10月1日~11月30日)【終了しました。】

・砂川市    砂川市中小企業特別支援給付金(7月13日~1月31日)

・富良野市   富良野市事業継続応援補助金(10月1日~12月15日)

・紋別市    緊急事態措置協力支援金(~3月31日)

・美唄市    びばい経営支援金(10月27日~2月28日)

・伊達市    伊達市特別支援金(7月1日~8月31日) 【終了しました。】

・名寄市    名寄市地元企業サポート給付金(6月18日~8月31日) 【終了しました。】

・紋別市    緊急事態宣言影響緩和支援金(7月7日~8月31日) 【終了しました。】

・稚内市    わっかない事業者応援緊急支援金(11月12日~2月28日)

・釧路町    釧路町新型コロナウイルス対策経営維持支援助成金(10月1日~12月30日)

・美幌町    美幌町新型コロナウイルス対策事業者支援金(~12月30日)

・上富良野町  中小企業経営継続奨励助成金(10月18日~12月17日)

・上砂川町    上砂川町事業者支援給付金(5月1日~3月31日)

・積丹町    新北海道スタイル奨励金(~12月10日)

・栗山町    栗山町中小企業等事業継続給付金(~3月15日)

・当別町    事業者特別支援金(~1月31日)

・中標津町    中標津町中小企業等特別支援金

・池田町    池田町新型コロナウイルス感染症対策飲食等緊急支援給付金(10月15日~12月24日)

・江差町    江差町事業継続支援緊急給付金(6月23日~11月30日) 【終了しました。】

・七飯町    七飯町事業継続給付金(4月5日~7月31日)    【終了しました。】

・木古内町   木古内町特別支援金(6月17日~12月30日)

・京極町    京極町持続化支援金(~12月30日)

・芽室町    飲食店等事業継続支援金(~12月17日)

・士幌町    事業継続緊急支援金(6月16日~7月30日)  【終了しました。】

・岩内町    岩内町事業者一時支援金(6月1日~7月30日)  【終了しました。】

・古平町    古平町事業支援給付金(5月6日~1月31日)

        ふるびら経営促進事業補助金(10月4日~1月31日)

・枝幸町    枝幸町中小企業等経営持続化特別支援金(5月6日~11月30日) 【終了しました。】 

・奈井江町     奈井江町事業応援給付金(~1月31日) 

・厚真町    新型コロナウイルス感染症経営持続化対策事業交付金(4月1日~12月30日)

・新ひだか町    新ひだか町飲食店等取引事業者影響緩和支援金(7月1日~8月31日)【終了しました。】 

・東神楽町    東神楽町新型コロナウィルス感染症対策特別支援金(4月26日~12月30日)

・鷹栖町    新型コロナウイルス感染症対応事業継続支援金(10月18日~1月31日)

・大樹町    大樹町中小企業等特別支援金(~12月24日)

・別海町    新型コロナウイルス感染症対策中小企業等経営持続化補助金   【終了しました。】

・倶知安町    倶知安町持続化支援金(~12月31日)

                      くっちゃん経営持続化支援金(~1月31日)

・安平町    安平町商業事業者等支援金(~1月31日)

・下川町    下川町持続化給付金(4月27日~9月30日) 【終了しました。】

・占冠村    占冠村感染防止支援金(11月4日~11月26日)  【終了しました。】

 

カテゴリー

地域経済局中小企業課のカテゴリ

お問い合わせ

道特別支援金コールセンター

電話:
011-351-4101

page top