建築技術科 訓練状況

建築技術科をご紹介します。

11月

1年「11月」

模擬家屋の制作も順調に進み床下地を貼り終えました。クレームの原因となる床鳴りを止める方法など家造りの奥深さを感じ訓練に励んでいます。今後は壁下地の取り付け作業になりますが、下地の精度の悪さが仕上がりに悪影響を及ぼすのでミスの無いよう完成を目指します。

1 (JPG 46.5KB)

2年「11月」

全国技能五輪全国大会が11月5、6日に千葉県で行われました。当科の2年生が北海道の推薦を受け参加しました。
2ヵ月間の練習の成果を遺憾なく発揮し制限時間内に完成させることが出来ました。入賞を逃しましたが、今までで最高の出来映えでした。この経験を糧に成長することを期待します。

4 (JPG 98.1KB)

10月

1年「10月」

模擬家屋の「建て方作業」に入りました。
8月から墨付け、切り込みなど仕込んだ一つ一つの部材が組み合わされやっと形になりました。
骨格が出来上がり、達成感を味わっているようです。今後は床や壁など仕上げ、来年2月には模擬家屋を完成させる予定です。

DSCF33z89 (JPG 52.7KB)

2年「10月」

11月5、6日に千葉県で行われる技能五輪全国大会に参加する訓練生が、毎日遅くまで残って猛練習しています。
年に一度全国から強者が揃い技能を競います。
季節の変わり目で体調管理が難しい時期でもありますが、大会当日は今までの成果をいかんなく発揮し、入賞を目指して欲しいです。

DSCF3379 (JPG 49.7KB)

1、2年「10月」

「建設業協会」様のご厚意で1、2年生合同現場見学会に参加させていただきました。関係者の皆様に感謝いたします。
初めて見るプロの現場に一同感じる物があったと思います。
それを忘れず、今後の訓練に取り組んで下さい。

無題 (PNG 88.5KB)

8・9月

1年「8・9月」

実習もいよいよ模擬家屋の施工にステップアップしました。大型木工機械で全ての材料の太さを揃え、その材料に墨付けをしています。今後は墨とおりに加工を施し、建て方作業に進みます。やっと形として現れるので今後が楽しみです

1年 (JPG 49.6KB)

2年「8・9月」

夏休み明けに測量でやり方作業を実施し、その後は4週間 十勝管内の工務店の協力の下インターンシップを実施しています。現場での作業スピードはとても速く一日があっという間です。この貴重な経験を生かすべく訓練に取り組み、技能を向上させていきたいと思います

2 (JPG 52.6KB)

7月

1年「7月」

材料を繋ぎ合わせる仕口・継手の実習も終盤を迎え、評価試験に取り組みました。課題は住宅の骨組みを小型にしたもので、墨付けから切り込み・組み立てまで6時間で完成させました。それぞれが満足できる出来映えでした。8月からは模擬家屋の製作に取り組みます。模擬家屋の完成が待ち遠しいです。

1年 (JPG 54.4KB)

2年「7月」

2×4工法による物置の工事を無事終えることができました。お客様に迷惑の掛からないように現場の清掃はもちろん、騒音にも注意するなど緊張感の連続でしたが、お客様に満足していただき、仕事の達成感を味わうことができました。8月からは技能五輪全国大会に向けての取り組みと、模擬家屋の製作に分かれますが、それぞれが高い目標を掲げ精進できればと思います。

2年 (JPG 112KB)

6月

1年「6月」

6月に入り、木材を繋ぎ合わせる 仕口・継手作業に入りました。最初は怪我をしないか不安でしたが、13種類を学びますが約半分を過ぎ手工具の取扱いにも慣れ、早く正確に作業が進められるよう日々訓練に励んでいます。

1年 (JPG 50.8KB)

2年「6月」

2×4工法の基本作業を終え、7月からはお客様から依頼を受けた2×4工法による物置を手がけます。6月中にパソコンによるCAD作業で施工図を完成させ、7月中旬から現場での作業になると思います。失敗の出来ない作業の連続ですが、お客様が満足するよう誠意を込め作業にあたります。

2年 (JPG 55.6KB)

5月

1年「5月」

4月20日の入学から一月が経ち、学院生活にも大分慣れ実習では道具の仕込みも終了し、26日には鉋の薄削り大会を実施しました。20ミクロン(髪の毛の太さの1/4程度)以下を目指し頑張りました。結果は2年生にかないませんでしたが全員ノルマをクリアし、道具の仕込みの大変さと上手に出来た時の達成感を味わうことが出来たようです。6月は鋸の扱いを練習し、木材の加工に進んでいきます。

1-1 (JPG 59.5KB)

2年「5月」

2年生になり、CADによる作図作業を進めています。今年の1月に受験した技能五輪の予選会の結果が発表され、1名が全国大会に北海道の代表として推薦を受けました。帯広学院として3年連続全国大会出場となり11月に全国大会が開催されますが、通常の訓練を実施しつつ大会に向けて万全な準備をしていきます。6月からは2×4工法の模擬家屋の制作に進んでいきます

2年 (JPG 48KB)

2月

1年「2月」

技能検定も終わり製図の作業に移りました。最初は参考図面のトレースでしたが、自分で各種図面を考え作図できる様になりました。これからは期末照査(進級試験)に取り組んでいきます。高成績を収め2年生に進みたいと思います。

2-1 (JPG 10.6KB)

2年「2月」

2月17・18日に技能照査(卒業試験)が行われました。2年間学院で学んだ、技能技術および知識を遺憾なく発揮しよい成績を収めることができました。これからは、安全第一に模擬家屋の解体をしていきます

2-2 (JPG 8.66KB)

1月

1年「1月」

1月29日に技能五輪の地方予選が行われました。練習では時間ぎりぎりで満足のいく作品を作ることはできませんでしたが、当日は制限時間内に納得のいく作品を作り上げることができました。合否については3月の中旬に発表させますが、結果が楽しみです。

建築1年1月

2年「1月」

1・2年合同で進めてきた模擬家屋も無事完成させることができました。今年のテーマは「和室」で押し入れや床の間など腕の見せ所が多く、やり甲斐があり納得のいく仕上がりでした。2月からは技能照査に向けて規矩術の訓練に進みます。

1-1 (JPG 10.2KB)

12月

1年「12月」
12月に入り技能五輪の練習が始まりました。課題図に従って原寸図の作成に始まり、木材の削り・墨付け・加工・組み立てと5時間半の時間内に四方転びの椅子を作成します。検定日は1月29日を予定しており、2ヶ月間で今年全国大会に参加した先輩に負けない作品を作り、合格したいと思います。

建築1年12月

2年「12月」
洋室の施工もほぼ終わり、和室の床の間や長押の取り付けをしました。全てが晒しなので隙間を空けるなどの失敗が許されず、緊張の連続でしたが満足のいく仕上がりになりました。18・19日に行われた技能五輪全国大会は制限時間内に完成させることが出来、残念ながら入賞は逃しましたが今までの努力を糧に技能の研鑽に努めてほしいです。

建築2年12月

カテゴリー

帯広高等技術専門学院のカテゴリ

page top