北海道農村地域産業導入基本計画

農村地域への産業の導入の促進等に関する法律の概要

 本法律は、農村地域への工業等の導入を促進し、農業従事者が導入される工業等に就業するための措置を講ずるとともに、農業構造の改善を促進するための措置を講ずることにより、農業と工業等の均衡ある発展と雇用構造の高度化に資することを目的として、昭和46年に「農村地域工業等導入促進法」(農工法)として制定されました。
 その後、高度経済成長期以降の農業・農村をめぐる社会経済情勢の変化を踏まえ、農村地域での立地ニーズが高いと見込まれる産業の導入に向け、対象業種の限定を廃止するなどの改正が平成29年に行われ、「農村地域への産業の導入の促進等に関する法律」(農村産業法)となりました。
 

法律の概要等
農林水産省HP「農村産業法に基づく農村における就業機会の拡大」へリンク

北海道農村地域産業導入基本計画の公表

 農村地域への産業の導入の促進等に関する法律(昭和46年法律第112号)第4条第1項の規定に基づく北海道農村地域産業導入基本計画を同条第6項の規定により公表します。

北海道内の農村産業法に規定する農村地域

 農村地域への産業の導入の促進等に関する法律(昭和46年法律第112号)第2条の規定に基づく北海道内の「農村地域」は、次の一覧のとおりです。

北海道内の「農村産業法に規定する農村地域」の一覧 (PDF 608KB)

カテゴリー

農業経営局農業経営課のカテゴリ

page top