北海道・三陸沖後発地震注意情報(令和4年12月16日運用開始予定)

北海道・三陸沖後発地震注意情報を知っていますか?

北海道・三陸沖後発地震注意情報ポスター

北海道・三陸沖後発地震注意情報とは

 日本海溝・千島海溝沿いの領域では、モーメントマグニチュード(Mw)7クラスの地震が発生した後に、更に大きなMw8クラス以上の大規模な地震が発生した事例なども確認されており(下図前例1及び2)、今後も同様の事象が発生する可能性があります。(※先に発生した地震を先発地震、これ以降に引き続いて発生する地震を後発地震と呼びます。)

過去の後発巨大地震の発生事例

実際に後発地震が発生する確率は、世界の事例を踏まえても百回に1回程度と低いものの、発生した場合には北海道から千葉県にかけての広い範囲で甚大な被害が想定されます。

 巨大地震が発生した際の甚大な被害を少しでも軽減するため、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の想定震源域とその周辺でMw7以上の地震が発生した場合には、「北海道・三陸沖後発地震注意情報」を発信し、大地震の発生可能性が平時よりも相対的に高まっているとして、後発地震への注意を促すこととなりました。

 情報が発信された際には、北海道から千葉県にかけての太平洋側で、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震で強い揺れや高い津波が想定される地域にお住いの方は、後発地震の発生に備えた防災対応をとりましょう。

【情報の留意事項】
・「北海道・三陸沖後発地震注意情報」は、後発地震の発生可能性が平時よりも相対的に高まっていることをお知らせするものであり、情報が発信されたら後発地震が必ず発生するというものではありません。
・先発地震を伴わず、大規模地震が突発的に発生する可能性があります。
・情報発信の対象とする地震の発生エリア(北海道の根室沖から岩手県の三陸沖)の外側でも、先発地震が発生した周辺では、大規模地震が発生する可能性があります。
・すでに発生した先発地震への対応と後発地震に備えた対応を混同しないようにすることが必要です。

北海道・三陸沖後発地震注意情報の発信方法

 「北海道・三陸沖後発地震注意情報」は、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震の想定震源域とそれに影響を与える外側のエリアでモーメントマグニチュード(Mw)7以上の地震(先発地震)が発生した場合に発信されます。

 情報発信の流れは、先発地震による震度や津波の大きさにより大きく変わりますが、典型的な事例は下図(の流れになります。

地震発生後の流れのイメージ

北海道・三陸沖後発地震注意情報防災対応ガイドラインの公表(令和4年11月)

 日本海溝・千島海溝沿いにおける後発地震への注意を促す情報発信の導入に向け、情報の名称や情報発信時のよびかけ内容、防災対応の例示等について議論した「日本海溝・千島海溝沿いの後発地震への注意を促す情報発信に関する検討会」の報告書が令和4年11月8日に公表されました。

 内閣府では、本検討会報告書の提言を踏まえ、後発地震への注意を促す情報発信時の防災対応に関するガイドラインを策定し、次のとおり公表しましたのでお知らせいたします。

 本ガイドラインは、後発地震への注意を促す情報である「北海道・三陸沖後発地震注意情報」発信時の防災対応を検討する際に参考とする事項をまとめたものであり、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震防災対策推進地域内にある地方公共団体、指定公共機関等に活用していただくことを想定しています。

防災対応ガイドラインの概要

関連リンク(内閣府)

カテゴリー

危機対策局危機対策課のカテゴリ

page top