北海道立文書館所蔵資料案内~私文書 本間家文書

分類記号:B6

目録を見る

本間家は代々佐渡ヶ島で造り酒屋を営む名家であったが、明治26年七代目藤右衛門の時北海道へ移り住み、三男の養子先であった羽幌の渡辺商店の呉服商品を引き受け、さらに酒造業も始めた。その後、逸見賢蔵と共同で酒蔵を新築し、藤見合名会社を開業し、酒造のほか澱粉製造や醤油製造も営んだ。

資料は、藤見合名会社の経営関係資料、金銭借用書、未開地貸付・農地買収関係資料その他。

資料点数:189点(一部複製)

資料年代:1695(元禄8)~1984(昭和59)年

資料検索へ移動
私文書群選択に戻る

カテゴリー

page top