北海道立文書館所蔵資料案内~私文書 空知集治監典獄渡辺惟精日記

分類記号:B0-94

目録を見る

渡辺惟精は、1882(明治15)年から1890(明治23)年まで空知集治監の初代典獄を務め、自由民権運動投獄者への配慮ある処遇など名典獄として知られる。空知郡長や空知警察署長、北海道庁炭礦鉄道事務所長なども兼任し、空知地方の行政を担った。日記は1888(明治18)年から1895(明治28)年分まであり、うち第八日記の7月15日までが空知集治監時代のもの。

1888(明治18)~1895(明治28)年

5 点(複製)

資料検索へ移動
私文書群選択に戻る

カテゴリー

page top