国指定重要文化財・箱館奉行所文書

北海道立文書館が所蔵する箱館奉行所文書167点が、平成16年6月8日に国の重要文化財に指定されました。

DSC_0482small.jpg

当館では、重要文化財に指定されたもの以外にも、他機関が所蔵する箱館奉行所文書の複製などを閲覧することができます。箱館奉行所文書(全体)については、資料ガイド―公文書―>幕府文書のページをご覧ください。

箱館奉行所文書(重要文化財)は、箱館奉行所文書一覧ページで資料名を一覧することができます。
また、デジタル画像をインターネットで見られるデジタルアーカイブもあります。

注意
箱館奉行所文書(重要文化財)については、原本の保護のため、原本からの複写は控えていただいています。
また、原本の状態により、原本の閲覧を制限しているものがあります。
できるだけデジタル画像やマイクロフィルムなどの複製物のご利用をお願いします。

国指定重要文化財・開拓使文書についてはこちらをご覧ください。

カテゴリー

page top