令和4年度「北海道の物流・港湾パネル展」を開催しました!

概要

生活に必要なモノの移動(輸送)によって社会を成り立たせている『物流』は、私たちにとってなくてはならないインフラです。
また、四方を海で囲まれた北海道では、『港湾』が道民の生活、産業を支える物流拠点となっており、重要な役割を担っています。
このパネル展では、北海道の物流を支えるトラックや貨物列車、フェリー・RORO船などの役割のほか、道内外からの貨物が集められる港湾の取組など、幅広く道民の皆様に紹介しています。

開催日時

令和4年(2022年)6月24日(金)~27日(月) 9:00~17:00(最終日は15:00まで)

開催場所

道庁本庁舎1階 道政広報コーナー (特設展示場A)

実施内容

パネル・ポスターの展示

・トラック輸送の役割・取組
・鉄道貨物輸送の概要
・鉄道・バスなどによる貨客混載
・北海道の港湾
・本道―本州間のフェリー
・内航海運の概要
・国立小樽海上技術短期大学校

協力

国土交通省北海道運輸局、国土交通省北海道開発局、道内各港湾管理者、フェリー船社、
日本貨物鉄道株式会社北海道支社、公益社団法人北海道トラック協会、北海道内航海運組合、
国立小樽海上技術短期大学校

その他

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に配慮した展示としており、入場時に手指の消毒をお願いするほか、混雑時には入場制限をさせていただくことがありますので、ご了承ください。
また新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、パンフレット等について今年度は留置しませんので、ご了承ください。

ソーシャルディスタンス

開催中の様子

開催中の様子1

開催中の様子2

開催中の様子3

開催中の様子4

開催中の様子5

カテゴリー

交通政策局交通企画課のカテゴリ

page top