第44回「全日本中学生水の作文・北海道地方コンクール」

第44回「全日本中学生水の作文・北海道地方コンクール」

 国では、「水の週間(8月1日から7日間)」の関連行事として、水についての理解を深めるための様々な行事を行っており、この行事の一環として、毎年、「全日本中学生水の作文コンクール」を実施しています。
 北海道ではこのコンクールと連携し、次代を担う道内の中学生を対象として「北海道地方コンクール」を実施しており、令和4年度におきましても、「全日本中学生水の作文・北海道地方コンクール」を実施することとなりましたので、多くの中学生の皆さまからのご応募をお待ちしています。

01_水の作文コンクール_1111_ol_北海道 (JPG 883KB)

1.応募要領

2.テーマ「水について考える」(題名は自由です。)

 水は、地球上の全ての生命の源であり、特に私たちの生活や農業・工業等にとって不可欠なものです。一方、水は、「恵み」の一面もあれば、豪雨や洪水、渇水などの「災い」という一面もあります。
 また、私たちの暮らしは、水によって支えられていますが、地球上の水は無限ではありません。私たち一人一人が水循環の重要性を理解し、水との関わり方を学んで、水の恩恵を享受し続けるために、何をするべきか考えることが重要です。
 あなたにとって、水とはどんなものですか?暮らしの中での体験や授業で学んだこと、調べたことをもとに、水についての考えを作文にまとめてみませんか?

3.主催・後援

 主 催:水循環政策本部、国土交通省、北海道
 後 援:北海道教育委員会、札幌市教育委員会、北海道中学校長会

4.応募資格

 令和4年度(2022年度)に在学中の道内の中学生(中学生と同じ学齢の者を含む。)

5.原  稿

 400字詰原稿用紙2枚以上4枚以内で日本語により表記された個人作品に限ります。

6.応募期限

 令和4年(2022年)5月6日(金)(当日消印有効)

7.応募方法

 作文には、本文の前(原稿用紙枠内)に「題名」、「学校名(ふりがな)」、 「学年」、「氏名(ふりがな)」を記入し、次の送付先に送付してください。
 なお、個別の題名は自由です。

8.送 付 先

 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 
 北海道総合政策部計画局土地水対策課調整係
 (TEL 011-231-4111 内線23-741)

9.審  査

 5月に「北海道地方コンクール」の審査を行い、入賞作文を決定します。
 なお、最優秀賞を受賞した作文は、国土交通省が実施する「全日本中学生水の作文コンクール」中央審査に推薦します。

10.賞及び賞品

賞名賞品
最優秀賞1名(賞状及び賞品)
優秀賞1名(賞状及び賞品)
入 選3名程度(賞状及び賞品)
学校賞5校程度(賞状及び賞品)

11.賞の発表

 賞は6月に発表し、所属中学校を通じてお知らせするとともに、賞状及び副賞を送付します。

12.使用権等

(1)応募作品は自作の未発表のものに限ります。
(2)応募作品の使用権は主催者に帰属します。
(3)応募作品の返却は行いません。

13.その他

(1)入賞者については、入賞作文の内容、学校名、学年及び氏名を国土交通省及び都道府県のホーム
  ページや作品集に掲載するほか、報道機関を含めた関係者へ提供しますので、あらかじめご了承の
  上、ご応募ください。
(2)本コンクールの応募作文に記載される個人情報は、本コンクールの運営に必要な範囲内で利用し
  ます。また、応募者の同意なく、本来の利用目的を超えて転用することはありません。

第43回「水の作文・北海道地方コンクール」最優秀賞受賞作品

 氏 名  学校名  学 年  作品タイトル
 渡邉 楓       留萌市立港南中学校        2年        「水の循環」を支える森林 (PDF 67.3KB)   

カテゴリー

計画局土地水対策課のカテゴリ

page top