マラソン・競歩の札幌開催に係るコメント

 本日、IOC調整委員会での議論の結果、東京2020オリンピック競技大会におけるマラソン及び競歩が、ここ札幌市で開催されることが決定されたことを受けて、身が引き締まる思いです。

 今回の会場変更は極めて異例のことであり、提案されたIOCは相当の覚悟であったと思われます。

 そして、東京都のご判断は、大会を楽しみにし、準備に励んでこられた多くの都民の皆様の思いを受け止めながらも、これ以上の議論の長期化を避け、大会の成功を最優先とされたものと考えております。

 オリンピックの開幕まで9ヶ月を切る短い期間ではありますが、開催に向けて準備を続けてきた東京都のこれまでの努力にも応えられるよう、札幌市・北海道及び競技団体など道内関係者の密接な連携のもと、組織委員会や東京都と連携・協力し、大会の成功に向けて、万全の対応を取ってまいります。

 市民・道民の皆様にも、世界各国から本道を訪れる多くの選手や観客の方々への温かいおもてなしや、オール北海道での機運の盛り上げなど、大会の成功に向けて、ご協力をお願いいたします。

令和元年11月1日

札幌市長 秋元 克広
 北海道知事 鈴木 直道

環境生活部スポーツ局オリンピック・パラリンピック連携室

カテゴリー

知事室広報広聴課のカテゴリ

page top