国鉄清算事業団債務等処理法の改正法の成立に関する知事コメント

 本日、「日本国有鉄道清算事業団の債務等の処理に関する法律等の一部を改正する法律」が、参議院本会議において可決され、成立しました。

 私としては、JR北海道が、この度の法改正と、それにより講じられる国の支援の重みや、これまで様々な利用促進策に取り組んできた地域の思いをしっかり受け止め、経営自立と路線の維持・活性化に向けて、本道の鉄道ネットワークを担う交通事業者としての覚悟と使命感を持ち、全力で取り組んでいただきたいと考えています。

 また、本道の持続的な鉄道網の確立に向けては、JR北海道の徹底した自助努力と、国の実効ある支援に加えて、地域としても可能な限りの協力・支援を行うことが重要との認識のもと、道としても、JR北海道や地域の皆様との連携を一層強固なものとし、着実に成果を積み重ねながら、鉄道の利用拡大に取り組んでまいります。

令和3年3月26日

北海道知事 鈴木 直道

(総合政策部交通政策局交通企画課)

カテゴリー

知事室広報広聴課のカテゴリ

page top