札幌圏の大雪による鉄道運休に関する知事コメント

 2月5日から6日にかけての大雪の影響により、今なお札幌圏を中心とする公共交通機関の一部に運休やダイヤの乱れが生じているなど、道民の皆様の日常生活などに多大な影響が及んでおります。

 特に、2月6日以降、運行の見合わせが続いているJR北海道においては、運行再開に向け、昼夜を問わず、除排雪作業をはじめとする対応に懸命な努力を尽くされておりますが、現時点においては、多くの列車の運行再開が見通せず、道民をはじめとする多くの利用者が不安を抱えております。

 このため、私としては、JR北海道はもとより関係機関との協力を図りながら、代替輸送の確保や早期の運行再開に向け、可能な限りの協力を行う所存でありますので、JR北海道におかれては、安全運行に万全を期するとともに、公共交通機関としての責務を十分に果たされることをお願いいたします。

令和4年2月8日

北海道知事 鈴木 直道

(総合政策部交通政策局交通企画課)

カテゴリー

知事室広報広聴課のカテゴリ

page top