第百七十二榮寶丸の乗組員解放に関する知事コメント

 5月28日、稚内沖で操業中に、サハリン州国境警備局に連行された「沖合底びき網漁船、第百七十二榮寶(えいほう)丸」の乗組員14名の皆様全員が解放され、本日、船体とともに稚内にお戻りになりました。

 この間、ご家族のご心労が絶えなかったものとお察しいたします。乗組員の皆様の健康状態に問題は無いとの連絡を受けており、私としても安堵しているところです。

 解放にご尽力いただいた外務省、水産庁、稚内市をはじめ、関係機関の皆様方に対し、心より感謝申し上げます。

 道としましては、関係機関との連携を強化し、漁船が連行され乗組員が拘束される事態が二度と発生しないよう、対応してまいりたいと考えております。

令和3年6月11日

北海道知事 鈴木 直道

(水産林務部水産局漁業管理課)

カテゴリー

知事室広報広聴課のカテゴリ

page top