知事定例記者会見(平成30年5月22日)

知事定例記者会見

・日時/平成30年5月22(火) 14:30~14:41
・場所/記者会見室
・記者数/26名(テレビカメラ1台)

会見項目

300522-01.JPG 300522-02.JPG 

知事からの話題

1 「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」出席について
2 ナチュラルクールビズについて

記者からの質問

1 栗城史多さんの訃報に接して
2 大城和恵さんのエベレスト登頂について
3 次期知事選について

知事からの話題

 

「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」出席について

 〔配付資料:「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」への参加について(PDF)〕  
 私からは2点、お話をさせていただきます。
 一つ目は、ロシアの「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」への私自身の出席についてであります。配付資料が1枚ございますが、明日(5月23日)、こちらを発ちまして、成田で前泊した上で、木曜日(5月24日)に成田を出発して、27日までの日程でロシアのサンクトペテルブルク市に出張をいたします。24日から同市で開催されます、ロシア最大規模の経済会議である「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム」に出席をいたします。札医大(北海道公立大学法人札幌医科大学)など道内の医療関係者や、建築関係の試験研究機関の方々と共に出席をいたします。今年の国際経済フォーラムは、日ロ両国政府の合意の下、日本がゲスト国となっているところでございまして、政府が会場内に「ジャパン・パビリオン」を設置するほか、日ロ両国をはじめ、各国の政財界の要人も多数参加されると聞いております。この機会に、国と連携をしながら、昨年度から私どもが展開しております欧露部との関係を強化していきたいとこのように思っております。
 フォーラム会場では、地元サンクトペテルブルク市の知事、あるいはモスクワ州知事と会談して、北海道とそれぞれの地域との地域間交流を本格化させるとともに、会談の合意内容への署名も予定しております。
  また、「ジャパン・パビリオン」の中におきまして、本道の強みである、寒冷地建築や環境保全の技術、あるいは医療、観光、ポップカルチャーといった本道企業の魅力を含め、しっかりとPRをしてまいりたいと考えております。

ナチュラルクールビズについて

 〔配付資料:ナチュラルクールビズ2018(PDF)〕   
 二つ目は、ナチュラルクールビズについてであります。これも配付資料がありますが、道では、省エネなど地球温暖化対策を進めるため、今年も自然と調和した北海道らしいワークスタイルとして、ナチュラルクールビズに取り組むことといたしております。最近は5月の気温が高くなる傾向にあり、とは言っても私は昨夜、暖房を付けておりましたけれども、皆さま方はどうでしょうか。日々(気温の)変動はありますけれども、そういうことにも配慮しながら、今年のナチュラルクールビズは、取組期間を若干延長します。例年は6月1日から9月いっぱいまでということで設定をして、この取り組みを進めていたところでありますが、今年はこの資料にもございますとおり、5月28日(月)から10月5日(金)、すなわち、週の初めから週の終わりまでということで、いつもの期間を若干延長して道庁の各部局で取り組んでまいりたいと、このように考えております。なお、道ではこのナチュラルクールビズを含めて、道民の方々、あるいは事業者の方々にも、省エネ行動を呼び掛ける「3Sキャンペーン」を毎年展開しているところであります。今年の夏におきましても、日ごろから気象情報を確認し、気候の変化に十分注意を払い、過度な空調に頼らず、その日の天気に合った服装を選ぶなど、省エネ行動の実践に取り組んでいただきたいと考えております。
 また、安定的な電力需給の確保に向けまして、道民、企業の皆さま方におかれては、引き続き無理のない範囲の節電に取り組んでいただきたいと考えております。
 ぜひ、報道機関の皆さま方にも、ナチュラルクールビズなど、「省エネ3S」、あるいは節電の取り組みについてPRをお願いしたいと思います。私からは以上であります。

記者からの質問

(共同通信)
 登山の話題で二つなのですけれども、一つは悲しいニュースなのですが、北海道の今金町出身の登山家で栗城史多(くりき・のぶかず)さんという方が、エベレスト下山中と思われるのですけれども、ご遺体で発見されました。それと、もう一つ、今度は明るい話題なのですけれども、同じ日に、いずれも21日ですが、女性医師として初めて大城和恵(おおしろ・かずえ)さんという札幌市在住の方がエベレスト登頂に成功しました。
 この2点についてお言葉をいただければ。

(知事)
 分かりました。栗城さんは、私もよく存じ上げておりまして、まだ30代中頃、お若い方であります。無酸素ということと、単独登頂ということにこだわって、世界7大陸の最高峰へのチャレンジをしておられて、エベレストが最後だったのですけれども、それ以外の6大陸の最高峰を制覇された直後、2008年のはじめだったと思いますが、私のところにご報告にお越しいただいて、お目にかかってお祝いを申し上げた記憶がございます。
 それより時期はさかのぼるのですが、(2007年11月に)若き冒険家ということで、私の政経セミナーの講師をお願いしましたら、お忙しい中、快く引き受けていただいて、自分自身が冒険家として頑張っているという、とても夢のあるお話をいただいた経緯もあって、私自身、本当によく存じ上げている方であります。
 7大陸の最後ということでエベレストに何回も挑戦をされておられた中で、達成目前までいかれたところで、今回はちょっとあきらめようということで下山を始められた直後のこういった大変悲しいニュースだったというふうに理解をいたしております。心からご冥福をお祈り申し上げたいと思います。
 お父様が今金町におられるようでありますので、追って、弔電などもお送りをしたいと、こんなふうに考えております。
 それから、もう一つ、同じ日に札幌市在住の大城さんという女性の方が、日本人女性医師として、初めてエベレスト登頂に成功されたというニュースにつきましては、報道以上のことは私は存じませんが、大変すばらしい快挙だと思いますので、心からお祝いを申し上げたいと思います。以上です。

(STV)
 先日、自民党道連の定期大会が開催されて、その際に吉川貴盛道連会長が、知事選については6月までに方向性を固めたいという話と、あと参院選についても関連するということでの発言があったのですが、皆さん注目していると思うのですが、知事は今後どのようにお考えになっているのか、分かる範囲でお願いいたします。

(知事)
 分かる範囲、考えが及ぶ範囲でお答えします。私も先日の道連大会に出席させていただきました。これまで4回知事選を戦ってまいりましたが、最初のうちは二階先生がおられた保守新党のご推薦もいただいた経緯もありますが、全て自民党と公明党のご推薦などをいただく中で、選挙戦を戦ってきておりますので、全てかどうかよく記憶にありませんが、だいたい空いている限りは、自民党の道連大会には出席させていただき、ご挨拶の機会もいただいているという状況で、先週、今年の道連大会にも参加させていただきました。その晩だったか、終わった後の記者会見で、道連会長から、今おっしゃったようなお話があったということを報道を通じて伺ったところであります。私も挨拶の中で、道連としっかり連携をしながらということを申し上げたところでありますが、具体的に、何か今、お話を相互にしている状況ではございませんので、しっかりとどこかのタイミングで、私自身の問題として判断をしていきたいというふうに思っております。ただ、明日からロシアに行きますし、それ以降も日々、日程が相当立て込んでおりまして、とにかく今までと同様でありますが、全力投球で知事という仕事をしっかりやっていきたいと思っております。

 

 


この文章については、読みやすいよう、重複した言葉づかい、明らかな言い直しなどを整理し作成しています。
                                                                                                                                                                (文責 広報広聴課)

このページに関するお問い合わせ
総合政策部知事室広報広聴課報道グループ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
 電話番号:011-204-5109
 FAX番号:011-232-3796
メールアドレス:sogo.koho2@pref.hokkaido.lg.jp

カテゴリー

知事室広報広聴課のカテゴリ

page top