平成13年事業所・企業統計調査結果 調査の概要6

(5)経営組織別(非農林漁業の民営事業所)

 ・非農林漁業の民営事業所のなかで、会社経営は「不動産業」「サービス業」

  「卸売・小売業,飲食店」を除くすべての産業で圧倒的な割合を占める

 ・個人経営の事業所数の8割を「卸売・小売業,飲食店」と「サービス業」が占める

 

 非農林漁業の民営事業所について、産業大分類別事業所を経営組織別にみると、「不動産業」では7対3の割合で個人経営が法人を上回っており、次いで、「サービス業」で個人経営が5割を占めている。その他の産業では、法人の事業所が多く、「電気・ガス・熱供給・水道業」「鉱業」では、法人がほぼ100%となっている。
 また、経営組織別事業所を産業大分類別にみると、「卸売・小売業,飲食店」が個人経営の47.5%を占め、次いで「サービス業」が31.9%となっており、この2産業で個人経営事業所数の8割を占めている。
 同様に法人についてみると、「卸売・小売業,飲食店」が法人の40.4%、会社経営の44.4%を占めており、次いで「サービス業」が25.6%、「建設業」が14.7%と続いている。

01_g075 (GIF 7.65KB)

01_g076 (GIF 4.78KB)

・個人経営の従業者数も「卸売・小売業,飲食店」と 「サービス業」に8割が集中している

 従業者数について、産業大分類別従業者を経営組織別にみると、「不動産業」の60.5%を除くと、すべての産業で、法人が8~9割を占めている。
 また、経営組織別従業者を産業大分類別にみると、「卸売・小売業,飲食店」が個人経営の51%を占め、次いで、「サービス業」が32.9%と、この2産業で個人経営の全従業者数の8割を占めている。

01_g077 (GIF 7.95KB)

01_g078 (GIF 4.68KB)

(6)本所・支所別(民営事業所)

 ・単独事業所は「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融・保険業」「運輸・通信業」を除くすべての産業で

  事業所数・従業者数共に圧倒的な割合を占める

 民営事業所の本所・支所別を産業大分類別にみると、「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融・保険業」で、支所・支社・支店の事業所が80.9%、61.2%と過半数を占めているのを除くと、その他の産業はすべて単独事業所が高い割合を占めている。
 従業者数でも、「電気・ガス・熱供給・水道業」「金融・保険業」及び「運輸・通信業」で支所・支社・支店の従業者数の割合が高いのを除くと、その他の産業では、単独事業所の割合が高い。

01_g079 (GIF 7.63KB)

01_g080 (GIF 8.07KB)

(7)開設時期別(民営事業所)

昭和60年以降の開設は「運輸・通信業」「卸売・小売業,飲食店」で過半数を占める

 民営事業所の開設時期を産業大分類別にみると、「卸売・小売業,飲食店」は、「平成7年以降」に開設された新しい事業所の割合が、他の産業と比べ高くなっており、平成8年と比べて事業所の減少が最も多いことと合わせてみると、事業所の開設・廃止の変動が激しい産業ということができる。
 「運輸・通信業」「卸売・小売業,飲食店」は、昭和60年以降の開設が5割以上であるが、その他の産業では、逆に昭和59年以前に開設された事業所が5割以上を占めており、とりわけ、「農林漁業」「鉱業」「電気・ガス・熱供給・水道業」は、古くから開設された事業所が多い。

01_g081 (GIF 15.1KB)

(8)従業者規模別

従業者10人未満の事業所数は、「卸売・小売業,飲食店」「サービス業」「建設業」「製造業」で、

 それぞれの事業所数の約6~8割を占める

 産業分類別とりわけ上位4産業の従業者規模別事業所数及び従業者数の内訳をみると、事業所数では、10人未満の規模が、「卸売・小売業,飲食店」で全体の83.7%、「サービス業」では78.8%、「建設業」では66.9%、「製造業」では58.9%で最も多くの割合を占めている。
 従業者数では、「サービス業」は「50~99人」規模が14.2%、「卸売・小売業,飲食店」では「1~4人」規模が21.0%、「建設業」では「10~19人」規模が23.7%、「製造業」では「50~99人」規模が16.7%とそれぞれ上位を占めている。

01_g082 (GIF 12.3KB)

平成8年に比べ、事業所数、従業者数共に「卸売・小売業,飲食店」では「1~4」規模、

 「建設業」では200人以上の規模の減少率が高い

 平成8年と比べると、「卸売・小売業,飲食店」では、事業所数、従業者数の全体の減少のなかで、「1~4人」の規模が事業所数、従業者数共に12.2%と最も減少率が高く、次いで「300人以上」の規模が8.2%及び9.0%の減となっている。
 「建設業」では、「300人以上」の規模が事業所数で64.3%、従業者数で63.3%と減少率が高く、次いで「200~299人」規模が50.0%及び46.1%の減少となっている。
 「製造業」では「100~199人」規模が事業所数で19.2%、従業者数で19.6%と減少率が高くなっている。
 他方、平成8年と比べて、唯一増加している「サービス業」については、事業所数では「20~29人」規模が6.7%、従業者数では「100~199人」規模が8.6%の増加率と高くなっている。

01_g083 (GIF 14.1KB)

カテゴリー

計画局統計課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部計画局統計課経済統計係

〒060-8588札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館9階

電話:
011-204-5145

page top