平成13年事業所・企業統計調査結果 調査の概要

調査の目的

 事業所・企業統計調査は、我が国のすべての事業所及び企業を対象として、事業の種類や従業者数等、事業所及び企業の基本的事項を調査し、行政施策のための基礎資料並びに各種統計調査実施のための母集団資料を得ることを目的として実施している。

調査の沿革

 調査は統計法に基づく指定統計調査(指定統計第2号)として、「事業所統計調査」の名称で昭和22年に開始され、平成8年の調査から企業の実態把握を充実させたことに伴い、「事業所・企業統計調査」と名称を変更している。
 調査は昭和23年から昭和56年までは3年ごと、昭和56年以降は5年ごとに実施している。
 なお、事業所の名簿整備を目的として、平成元年及び平成6年に事業所名簿整備に関する調査を実施しており、この中間年の調査は、事業所・企業統計調査の簡易調査と位置づけられ、平成11年には簡易調査として初めて実施され、これを含めて、平成13年調査は第18回目に当たる。

今回調査の特色

 今回調査では、従来の調査項目に加えて、近年の企業活動の多角化、企業再編の活発化及び企業活動における情報化の進展等を踏まえ、企業グループの構造、企業の合併・分割の状況、電子商取引の状況等、企業関連項目の充実を図っている。

調査日

平成13年10月1日

調査の対象

調査日現在、国内に所在するすべての事業所。ただし、次の事業所は調査対象外としている。

  1. 日本標準産業分類(平成5年10月4日総務庁告示第60号)の「大分類A-農業」、「大分類B-林業」及び「大分類C-漁業」に属する個人経営の事業所
  2. 同日本標準産業分類の「小分類741 家事サービス業(住込みのもの)」、「同742 家事サービス業(住込みでないもの)」及び「中分類96-外国公務」に属する事業所

調査の方法

調査は甲調査と乙調査に分けて実施している。

  1. 甲調査は民営事業所を対象とする全数調査で、総務大臣(統計局長)-都道府県知事-市町村長-統計調査員(指導員)- 統計調査員(調査員)- 事業所(民営)の流れにより、調査員が調査票甲を事業所に配布、取集する方法により調査している。
  2. 乙調査は国及び地方公共団体の事業所を対象とする全数調査で、各府省等の長、地方公共団体の長を通じて調査票乙を配布、取集する方法により調査している。

調査事項

(1) 甲調査

【事業所】 【企業】
ア 名称、電話番号、所在地、郵便番号 ア 本所(本社・本店)の名称、電話番号、所在地、郵便番号
イ 経営組織 イ 登記上の会社成立の年月
ウ 本所・支所の別 ウ 資本金額及び外国資本比率
エ 開設時期 エ 親会社・子会社・関連会社・関係会社の有無
オ 従業者数 オ 親会社の名称、電話番号、所在地、郵便番号
カ 事業の種類・業態 カ 支所(支社・支店)の数
キ 形態 キ 会社全体の常用雇用者数
  ク 会社全体の主な事業の種類
  ケ 平成8年調査以降の会社の合併、分割、名称変更、本所所在地の移転状況
  コ 電子商取引の状況

 

(2) 乙調査

  • ア 名称、電話番号、所在地、郵便番号
  • イ 従業者数
  • ウ 事業の種類

 


利用上の注意

  1. 平成8年事業所・企業統計調査は、平成8年10月1日現在で実施している。
  2. 平成13年事業所・企業統計調査は、平成13年10月1日現在で実施している。

カテゴリー

計画局統計課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部計画局統計課経済統計係

〒060-8588札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館9階

電話:
011-204-5145

page top