2008年(第12次)漁業センサス結果(北海道)

1 調査結果のポイント

2 調査結果の概要

3 調査の概要

4 用語の定義

5 統計表

         調査結果のポイント

1 〔漁業経営体〕

 平成20年11月1日現在の漁業経営体数は1万4,780経営体で、前回 (平成15年調査。以下同じ。)に比べ10.4%減少した。
 

 このうち沿岸漁業層は1万3,904経営体(全漁業経営体数に占める 割合94.1%)で、前回に比べて10.7%減少した。

 経営組織別にみると、個人経営体は1万3,380経営体(全漁業経営体数に占める割合 90.5%)で、前回に比べ9.9%減少し、団体経営体は1,400経営体(全漁業経営体数に占める割合9.5%)で、前回に比べ14.8%減少した。

 なお、個人経営体を基幹的漁業従事者(個人経営体の世帯員のうち自営漁業の海上作業が最も多い者)の男子の年齢階層別にみると、65歳以上の経営体は4,928経営体で、前回に比べ11.9%減少したが、年齢階層別に占める割合は36.8%となっている。

 個人経営体のうち後継者のいる経営体は、3,919経営体で、前回に比べ16.8%増加し 、全個人経営体に占める割合は29.3%となった。

※ 後継者については、前回は世帯員を対象としていたが、今回は世帯員に限定せず将来、経営主になる予定の者を把握している。

2 〔就業者〕

  漁業就業者数(漁業の海上作業に30日以上従事した人)は、3万3,568人で、男女別にみると男子は2万8,862人、女子は4,706人であった。

 また、自営漁業のみに従事した人を見てみると、1万6,302人で、前回に比べ13.1% 減少した。

注)漁業就業者については、調査体系の見直しにより、その調査対象範囲が、前回調査と今回調査では相違があることから、時系列的に単純に比較はできない。

3 〔漁船〕

 漁船隻数は2万5,235隻で、前回に比べ10.8%減少した。

 種類別にみると、前回に比べ無動力船が48.5%、船外機付き船が11.4%、動力船が7.3%減少した。

08_g01 (GIF 4.11KB)

08_g02 (GIF 6.4KB)

カテゴリー

計画局統計課のカテゴリ

お問い合わせ

総合政策部計画局統計課経済統計係

〒060-8588札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館9階

電話:
011-204-5145

page top