医療課

医療課

医療課とは文字通りお子さん達に対する医療的な対応を担う課であり、医師(小児科、整形外科、歯科)、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、管理栄養士、公認心理師より構成されています。

常勤医師
職名名前専門医・認定医・資格
院長(小児科)田中肇日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医、日本睡眠学会専門医
副院長(小児科)宮本晶恵日本小児科学会専門医・指導医、日本小児神経学会専門医、日本てんかん学会臨床専門医
医療課長(整形外科)鳥井智太郎日本整形外科専門医、障害者スポーツ医、義肢装具等適合判定医師
医長(小児科)福田郁江日本小児科学会専門医・指導医、日本小児精神神経学会認定医、子どもの心専門医、公認心理師、保育士
医長(整形外科)三島令子日本整形外科専門医
医長(小児科)木村加弥乃日本小児科学会専門医・指導医
医長(小児科)岡野聡美日本小児科学会専門医・指導医、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医・指導医、日本小児神経学会専門医
医長(歯科)荒井五織日本口腔外科学会認定医

小児科

小児科は発達のつまずきに悩むお子さんを総合的に支援する役割を担う診療科です。多くの専門職種と連携を取りながら診断・治療を進め、運動発達・知的発達に対するサポートに加え、栄養管理やてんかんなどの合併症に対するアドバイスも行っております。

整形外科

整形外科では骨、関節、筋肉におこる様々な疾患の診断、治療を行っています。
生まれたてのあかちゃんの先天性疾患から成長途中で発症する様々な疾患の診断治療を行っています。

歯科

発達障がいにより診察室や治療の椅子に近づく事ができなかったり、脳性麻痺、筋ジストロフィー等により筋緊張が強く開口していることが難しい等、お子さんの特性に合わせて歯科医師、歯科衛生士で治療を行っております。

薬局

薬局では医薬品の管理、調剤、服薬指導等を行っております。小児病院ですので粉薬が多いことが特徴です。皆様に安心して服薬していただけるよう、薬局では細心の注意を払い、正確かつ清潔にお薬を取り扱っております。

放射線係

放射線(X線)を利用して骨や組織、器官などの構造を画像化する検査を行っています。CT検査では、放射線を用いて輪切りの画像を撮影します。
放射線を使用しておりますが、検査で使用される放射線量は極微量のため、ご安心ください。

臨床検査

臨床検査室では血液検査、尿検査、脳波検査、心電図、肺機能検査、感染症の検査など様々な検査に対応しています。
検査を通して得られた結果は、体調の変化や病気の進行度又は発見、治療の効果を確認するために利用されます。

栄養指導

栄養指導では、みなさまにより喜んでいただけるよう、楽しくおいしい食事を目指し、健やかな成長への思いを込めて毎日給食を作っています。お誕生日会やおやこまつり、子どもの日やクリスマスなど、行事や季節に合わせた特別メニューも提供しています。
摂食・嚥下に障がいのあるお子さんには、お一人おひとりに合わせた食形態で食事を提供し、個別で栄養管理を行っております。
また、偏食や肥満、貧血、胃瘻食、とろみのつけ方など、食や栄養に関するお悩み、困りごとについては栄養相談・指導があります。ご希望の方は担当医までお気軽にご相談ください。

カテゴリー

旭川子ども総合療育センターのカテゴリ

page top