北の縄文 - 遺跡紹介:聖山遺跡

 

 

北の縄文 - 遺跡紹介:聖山遺跡


 

scbtn01_of.gif scbtn02_of.gif scbtn03_on.gif scbtn04_of.gif scbtn05_of.gif    
00_null.gif
00_null.gif
 
sc_k.gif
00_null.gif
tit_remin1.gif
 
sc_k01.gif
lo_seizan.gif
sc_k02.gif

kw_seizan.gif
 
00_null.gif
■遺跡の概要
sc_k02.gif
 
seizan_enkei.jpg
▲遠景
七飯 ( ななえ ) 聖山 ( せいざん ) 遺跡は、内陸部の台地上に広がる縄文晩期の 亀ヶ岡文化 かめがおかぶんか のまつりの場と考えられています。竪穴住居跡などの集落からは離れた場所にあって、 石組炉 (いしぐみろ) で火を焚いて儀礼が行われていた可能性があります。
 
■特徴的な遺構
sc_k02.gif
 
seizan_sekisoro.jpg
▲2基一対の石組炉
楕円形や長方形の自然石を用いた簡単な造りの石組炉が23ヶ所で発見されています。中には2基を一対として造られたものもみられます。
 
■主な遺物
sc_k02.gif
 
seizan_doki.jpg
▲縄文時代晩期の聖山式土器
縄文晩期の 大洞 ( おおぼら ) C2式や大洞A式と共通する土器が多く、壺形土器、鉢形土器、台付き土器など種類も豊富で、各種の分析や研究結果から「聖山式土器」と独自の型式が設定されています。
 
他の遺跡を見る
 

カテゴリー

文化局文化振興課のカテゴリ

page top