北海道の川づくりビジョン 〜豊かな環境を次の世代へ〜

北海道の川づくりビジョン 〜豊かな環境を次の世代へ〜

 道では河川整備を進める⼀⽅で、河川環境の関⼼が⾼まるなど価値観の変化を背景に、平成6年に北海道らしい豊かな⾃然環境をもった川を、次の世代へ引き継ぐための⽅針を⽰した「北海道の川づくり基本計画」を策定しています。
 基本計画策定から24年(平成31年(2019年)3⽉時点)が経過し、⼈⼝減少・⾼齢化とそれに伴う財政制約が懸念される中、昨今の記録的な⼤⾬の頻発による甚⼤な被害を踏まえ、気候変動の影響を現実のものと認識し、早急な治⽔対策を進める必要があることから、基本計画の考え⽅を継承しつつ新たな治⽔対策の考え⽅を追加した「北海道の川づくりビジョン」を平成31年3⽉に策定しました。

北海道の川づくりビジョン(概要版)

北海道の川づくりビジョン

表紙

目次

Ⅰ はじめに

1 策定の背景

2 川づくりビジョンの性格

3 川づくりビジョンの構成

I I 北海道の川の特⾊

III 豊かな環境を次の世代へ

1 未来へ向けた川づくり

(1)基本的な⽅針1 暮らしを⽀える安全な川

(2)基本的な⽅針2 洪⽔時に備えのある安心な川

(3)基本的な⽅針3 豊かで清らかな流れのある川

(4)基本的な⽅針4 みどりが広がり⽣き物が棲む川

(5)基本的な⽅針5 親しみやゆとりのある川

2 川づくりを確かなものに

(1)基本的な⽅針6 ⼈々が参加する川づくり

(2)基本的な⽅針7 川の⽂化・歴史の継承

(3)基本的な⽅針8 川づくりの研究の推進 ・普及啓発

(4)基本的な⽅針9 川づくりのフォローアップ

附属資料

裏表紙

道⺠の皆様からの意⾒募集について

 北海道の川づくりビジョンについて、広く道⺠の皆様のご意⾒をいただくため、平成30年9⽉11⽇から10⽉10⽇の期間に道⺠意⾒提出⼿続(パブリックコメント)を実施しました。結果については、「北海道の川づくりビジョン(原案)についての意⾒募集結果」のページをご覧ください。

カテゴリー

土木局河川砂防課のカテゴリ

page top