林業労働実態調査

林業労働実態調査

 この調査は、北海道における林業労働の実態を把握する調査として、昭和40年度から続けているもので、統計資料としての利用のほか、林業労働者の安全衛生の確保、技術・技能の向上、福利厚生の充実など、今後の林業労働対策の施策立案に資することを目的に実施しています。
 なお、この調査は隔年実施を基本にしております。

令和3年度(2021年度)調査結果

調査時期・調査対象期間

  • 調査時期:令和4年(2022年)2月~8月
  • 調査対象期間:令和3年(2021年)4月~令和4年(2022年)3月までの1年間

以下の項目をクリックすると、PDFファイルにて調査結果をご覧いただけます。

分割ファイル

令和3年度(2021年度)調査を実施しています【調査終了しました】

現在、令和3年度林業労働実態調査(令和3年4月1日~令和4年3月31日実績)を実施中です。
調査対象となる事業体へは、各(総合)振興局から調査依頼を行っておりますが、Excel形式のファイルにより回答いただける場合は、こちらから回答様式をダウンロードすることができます。

1 回答様式のダウンロードはこちらから

2 ファイルの提出はこちらから

※回答は、北海道電子自治体共同システム又は各(総合)振興局担当者へ、メールで提出いただいても構いません。
 調査への御協力をお願いいたします。

令和元年度(2019年度)以前の調査

このページの情報はオープンデータとして自由に二次利用することが可能です。(CC-BY
利用する場合には出所明示を行ってください。詳しくは北海道オープンデータ利用規約をご確認ください。また、北海道のオープンデータは、「北海道オープンデータポータル」にも登録していますのでご覧ください。

カテゴリー

林務局林業木材課のカテゴリ

page top